パソコンのタグ記事一覧

パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

スポンサードリンク

タグ:パソコン

パソコンのタグが付いた記事一覧。パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

2017-08-10 パソコン関連色々
「Malwarebytes Anti-Malware Free」って何・・?Malwarebytes Anti-Malware(マルウェアバイト アンチマルウェア)は、米国の Malwarebytes Corporation が提供しているWindows XP/Vista/7/8/10 向け無料の不正プログラム駆除ソフトウェアで、『ワーム、トロイの木馬、詐欺ソフト、スパイウェア、日本でも感染被害が見られる広告表示プログラム(アドウェア)、身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)、偽セキュリティソフト』な...

記事を読む

2017-07-27 Gmail
以前にも書いたのですが、返信メールを貰ったら、その下に自分が送った内容がそっくりそのまま残っていると、余り気持ちのよいものではありませんね。http://tohban.blog40.fc2.com/blog-entry-847.html「受信したGmailをそのまま返信すると、相手からのメールが残ったまま送信されてしまいます」どういう部分かというと、下の図の赤枠で囲まれた部分が送られてきたメールの内容で、それがそっくりそのまま返信で相手に送り返され...

記事を読む

2017-07-18 Gmail
Gmailで連絡先の画面(Google Contacts)を表示した時に通常だと画面の右下に赤丸で白い十字が入ったボタンが表示されるじゃないですか(新しい連絡先を追加)のボタンですね。ところがどのような状況でこのような表示になったのかはよくわからないのですが、このボタンが表示されないのでアドレスの新規登録ができないので非常に困る・・・・との連絡がありました。 Contacts の画面で何も表示されてない自分ではこんな表示になった...

記事を読む

2017-07-05 メール
みなさんも良く使われているパソコンのメールですが、メールを送っても返事が返って来ないので心配になり「届かなかったのかな?」と、余計なことを考えたりしたことありませんか?このようなメールですが、どうすればお互いに心配せずに気持ちよくやりとりができるのでしょうか?送った、貰ったメールのマナー個人宛の案内メールで、出席の可否や注文の可否を訪ねられた内容であれば、可否いずれかの返信を送るように心がけましょ...

記事を読む

2017-06-30 パソコン関連色々
その前に・・・・「コピペ」って、なんのこっちゃ?って方、おられませんかね(^^ゞ「コピペ」とは(コピー&ペースト)=コピーして貼り付けですね。だったらそんなことは既にご存知ですね。「コピペ」のやり方まず、コピーする画面を出します。マウスポインタをテキスト(文章)の先頭にもってきます。マウスの左ボタンを押したまま、コピーしたい文章の最後までドラッグします。(この時、文章の背景色が青く反転しています)コ...

記事を読む

2017-06-27 Windows 10
先日、シニアである家内のパソコンを、Windows 10 Creators Update (Ver.1703)にしたんです。そうしたところ、画面に黒い大きな文字で「あ」とか「A」とか表示され、すぐ消えるようになりました。これは、いったい何なの?ちょっと鬱陶しいところもあるし・・・・で調べてみました。ネットで色々検索したところやはり解決されているサイトがありましたので参考にさせて貰いました。世の中は不思議なことだらけ様のサイトで書か...

記事を読む

2017-06-15 Windows 10
しばらく前から・・というより、いつからあったのかも定かではないんですが(^^ゞ、デスクトップに「windows10 アップグレードアシスタント」のショートカットアイコンが表示されており、例の「Creators Update」だな、とは思っていたけどそのまま放置していたんです。しかし最近になって自分の近辺でも「アップグレードしたよ」という声もちらほら聞こえるようになってきたので、もう「人柱」になることはないだろう(笑)と腹をく...

記事を読む

2017-06-09 パソコン関連色々
買い物には後悔がつきものですね。パソコンのソフトでは『Microsoft Office』(以下、Office)がそれじゃないでしょうか。「Officeはいらないから安く買いたい」という声をシニアの間ではよく聞きます。確かに暇を持て余してパソコンで遊ぶ分にはOfficeは殆どいらないですよねえ。ですからPCを買う時には、Officeを省いて買う人も少なくないと思います。事実ビジネス用途では不可欠なOfficeですが、ユーチューブやサイト巡りなどの...

記事を読む

2017-06-03 Gmail
「転送」は、受信したメールを他のメールアドレスに送る機能Gmailで受信したメールは、メール本文の下部で直接編集でき、他のメールアドレスに転送を行うことが可能です。また「転送」とは、受信したメールを他のメールアドレスに送る機能のことを言います。転送したいメールの本文を表示する(秘密のドア)Gmail のスレッド一覧画面から転送をしたいメールを選択してメッセージ詳細を表示する。転送画面を表示する返信ボタンの右...

記事を読む

2017-06-01 パソコン関連色々
パソコンを使っていると、さまざまなメッセージが表示されます。「もう、またでてきたやん、鬱陶しいなあ!」などと内容を読まずに消したりしていませんか。もしかして、脆弱性に対する重大なお知らせを見逃してしまう可能性があるかも分かりませんよ。『通知領域』タスクバーの右端にあり、音量調節やネットワーク、電源の状態などのアイコンが並んで表示されている部分を『通知領域』といいます。この通知領域のアイコンは、アイ...

記事を読む

フリーソフトの Malwarebytes Anti-Malware Free でパソコン内の掃除をやってみた

「Malwarebytes Anti-Malware Free」って何・・?

Malwarebytes Anti-Malware(マルウェアバイト アンチマルウェア)は、
米国の Malwarebytes Corporation が提供している
Windows XP/Vista/7/8/10 向け無料の
不正プログラム駆除ソフトウェアで、

『ワーム、トロイの木馬、詐欺ソフト、スパイウェア、日本でも感染被害が見られる広告表示
プログラム(アドウェア)、
身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)、偽セキュリティソフト』などの駆除に定評があるマルウェア駆除ツールの定番ともいえるソフトウェアです。

見た目はシンプルなんですが、マルウェアなどの検出率は高く、他のアンチスパイウェアでは検出できないマルウェアも検出することができたりします。

加えて、スキャン速度が比較的速いので、あまり億劫にならずに使うことができると思います。

普段使用しているセキュリティソフトが発見できなかったマルウェアなども検出してくれるので、「これだけでは、何だか心配・・・・」と思ったりしている人などには特におすすめです。

と、だらだらとした前書きが長くなりましたが、昨日シニアグループ25名のパソコンチェックを「Malwarebytes Anti-Malware Free」でやってみました。

Malwarebytes Anti-Malware Free

毎年必ず1回は行なうのですが、新規で来られた方は100個以上検出される人がいつも何名かはおられます。

パソコンを使っていてもオフィスソフトがメインの人は、あまりおかしなソフトを取り込む機会は少ないですが、インターネットを積極的にされている方とか、あれこれとフリーソフトのダウンロードをしている方や、怪しげなサイト?を覗いたりする方たちは結構蓄えられています(笑)

昔と違ってダウンローダーと称するサイトが、誤クリックを狙って結構紛らっかしい作り方をしているのも大きな原因でしょうね。

今回やってみてそこそこ貰っていた方は、3ヶ月に1回程度はこのソフトでパソコン内のチェックをした方が安全ですよ。

返信メールには貰った相手のメールは削除して返信しましょう

  •  投稿日:2017-07-27
  •  カテゴリ:Gmail
以前にも書いたのですが、返信メールを貰ったら、その下に自分が送った内容がそっくりそのまま残っていると、余り気持ちのよいものではありませんね。
http://tohban.blog40.fc2.com/blog-entry-847.html
「受信したGmailをそのまま返信すると、相手からのメールが残ったまま送信されてしまいます」


どういう部分かというと、下の図の赤枠で囲まれた部分が送られてきたメールの内容で、それがそっくりそのまま返信で相手に送り返されてしまいます。

Gmail-inyou-1.png


相手の方が全くそんなことを気にしない方だったら良いのですが、そんな方ばかりではありません。

「常識のない人なんだなあ」とおもわれるかもしれませんよ。


やはり相手の方のメールは消しましょう・・・・
届いたメールの消し方ですが、

「返信」をクリックして返信用文章を打ち込む
フォームの左下に「・・・」というボタンがあります。


Gmail-inyou-2.png


この「・・・」というボタンにカーソルをあてると
「短縮されたコンテンツを表示する」
と説明がでます。

その部分をクリックすると相手メールの
引用文がでるので、

それを選択して削除してから本文を
書くようにしましょう。


Gmail-inyou-3.png

Gmail-inyou-4.png


気をつけないといけないところは、
縦線(引用文)の入っている部分だけ選択削除
するのではなく、

その上の相手の名前やアドレスの
書かれた部分まで含めて削除します。

Gmail-inyou-5.png

これでメール作成に入って下さい。
恐らくすっきりしたメールが作れると思いますよ。
 カテゴリ

Gmailで「新しい連絡先を追加」のボタンが表示されないので連絡先の登録ができない

  •  投稿日:2017-07-18
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailで連絡先の画面(Google Contacts)を表示した時に通常だと画面の右下に赤丸で白い十字が入ったボタンが表示されるじゃないですか(新しい連絡先を追加)のボタンですね。ところがどのような状況でこのような表示になったのかはよくわからないのですが、このボタンが表示されないのでアドレスの新規登録ができないので非常に困る・・・・との連絡がありました。


何もない
Contacts の画面で何も表示されてない

自分ではこんな表示になったことがありませんし、
今までにこのような状況は他の方からも
お聞きしたことがないんですよねえ。

でも実際に見せてもらうと画像のように
確かに(新しい連絡先を追加)のボタンは
どこにも見当たりません。

Google先生にお聞きしても
サラーっと見たところでは

関連したような事は載っていないんですう(^^ゞ

考えてばかりいても仕方ないんで
Contacts の画面を色々触っていたところ、

左側のプレース画面の一番下に
「コンタクトのプレビューを試す」という項目が
妙に気になりまして、

元に戻った
コンタクトのプレビューを試す

「駄目で元々やんか!!」

と居直ってクリックしたところ、

な、なんと標準の画面に
戻ったじゃないですか。


新しい連絡先を追加
新しい連絡先を追加のボタンが表示された

兎にも角にも一件落着で
「めでたしめでたし」なんですが

なぜこのような画面になったのかは
やはり疑問として残るんですよ・・・・・????



 カテゴリ

パソコンでのメールは送りっぱなし、貰いっぱなしで終わっていませんか??

  •  投稿日:2017-07-05
  •  カテゴリ:メール

みなさんも良く使われているパソコンのメールですが、メールを送っても返事が返って来ないので心配になり「届かなかったのかな?」と、余計なことを考えたりしたことありませんか?
このようなメールですが、どうすればお互いに心配せずに気持ちよくやりとりができるのでしょうか?



送った、貰ったメールのマナー


個人宛の案内メールで、出席の可否や注文の可否を訪ねられた内容であれば、可否いずれかの返信を送るように心がけましょう。


送った、貰ったメールのマナー
ただ今上映中


また送る側からにしても、どうしても返信が欲しい場合には「お手数でもご返信のほどお待ちしております。」等の文言を付け加えておくと更に親切ですね。


基本的には次の手順でやりとりするのが一番よいのではないでしょうか。
1.AさんからBさん宛にメールを送信
2.BさんはAさんにメール内容に対する返信
3.AさんはBさんにメール返信をいただいたことに御礼を送信

このようにすれば、相手がメールを受け取ったことも確認できますし、ちょっとした心遣いで安心したメールの送受信ができますね。

面倒だからと言って、返信をしないでいると、最初に送ってくれた方が、メールが届いているのかどうかが心配になってしまいます。

メールの送る時間帯について


パソコンからのメールは電話と違って、相手が自分の都合のよいときにチェックできるのがメリットですが、それでも送信する時間には注意が必要です。

最近はパソコンだけでなく、携帯電話やスマートフォンなどで、メールチェックを行う方も多くなってきました。

従って深夜にメールを送ったりすると携帯電話やスマートフォンの着信音がして、就寝中の方を起こしてしまうことも十分考えられますので、送る時間にも配慮が必要になってきています。

余程の重要なメール以外は相手が起きている時間帯に送信するように心がけましょう。

添付ファイルについて


メールに添付するファイルの容量にも注意が必要です。

添付ファイルが大きいとサーバーに負荷がかかり相手先にメールが送られないことがあります。

容量が大きいファイルを送るときは、送る前に相手先にファイルを添付して送ってよいかを確認しましよう。添付できるファイル容量は、5MB程度を目安としてください。

また、ファイルを添付するときには、「添付ファイルがありますよ」との一言だけでもメール本文に記載するのが親切です。

そうすると受け取る側もウイルスなどの心配をせずに安心して開くことができます。


結局、どんなことでも我が身に置き換えればよくわかるんですけどねえ・・・・
 カテゴリ
 タグ

パソコン初心者の方やシニアの方たちは、画像やテキストを「コピペ」する場合はマウス操作だけでやっていませんか?

その前に・・・・
「コピペ」って、なんのこっちゃ?って方、おられませんかね(^^ゞ「コピペ」とは(コピー&ペースト)=コピーして貼り付けですね。だったらそんなことは既にご存知ですね。



「コピペ」のやり方


まず、コピーする画面を出します。

マウスポインタをテキスト(文章)の先頭にもってきます。

マウスの左ボタンを押したまま、コピーしたい文章の最後までドラッグします。
(この時、文章の背景色が青く反転しています)

コピーしたい文章の最後で左ボタンを離します。

次に反転した文章の中でマウスの右ボタンを押すと、プルダウンメニューが出てくるので
[コピー(C)]をクリック

次に貼り付けたい画面の上(今回の場合はメモ帳)にマウスポインタをもってきてマウスの左ボタンを押すとマウスポインタが左上隅に点滅します。

次にマウスの右ボタンを押すとプルダウンメニューが出て来るので[貼付け(P)]*をクリックします。
これで「コピペ」の操作が完了しました。
*使っているソフトによっては[貼付け(V)]の場合もあります。

通常は上記のようなマウスの操作のみでコピペが出来るのですが・・・

マウスでコピペができない


ところが、何とインターネットのサイトで「マウスでコピペができない」場面に遭遇したんです。
正確にはマウスで選択ができない状態になっているんですね。
今ではなんでもないことなのですがその時は非常に悩みました。何故この文章はコピペができないんだろう・・・・と。

このインターネットのサイトはプログラム上で「マウスでコピペができない」状態にしていたんですね。

色々なサイトで調べた結果[Ctrl](コントロールキー)を使ってコピペするとOKだったのです。

コントロールキーを使ったコピペ(ショートカットキー)


画像やテキストをクリック(テキストはコピー部分を必要な部分までドラッグしてから)
[Ctrl]キーを押しながら[C]キーを押します
貼り付けたい箇所をクリック
マウスポインタが表示される
[Ctrl]キーを押しながら[V]キーを押します
貼り付けができました

このショートカットキーだけは覚えよう


 コピー  [Ctrlキー]+[Cキー]
 貼り付け [Ctrlキー]+[Vキー]
 切り取り [Ctrlキー]+[Xキー]
 全て選択 [Ctrlキー]+[Aキー]

以前に同じような事を書きましたがこちらも参考にみてくださいね。

シニアでパソコン初心者の方に是非覚えて貰いたい「ショートカットキー」

 カテゴリ
 タグ

ノートパソコンの Windows 10 Creators Update ですが、画面に一瞬「あ」とか「A」とかの文字が表示されすぐに消える

  •  投稿日:2017-06-27
  •  カテゴリ:Windows 10

先日、シニアである家内のパソコンを、Windows 10 Creators Update (Ver.1703)にしたんです。そうしたところ、画面に黒い大きな文字で「あ」とか「A」とか表示され、すぐ消えるようになりました。これは、いったい何なの?ちょっと鬱陶しいところもあるし・・・・で調べてみました。


ネットで色々検索したところやはり解決されているサイトがありましたので参考にさせて貰いました。
世の中は不思議なことだらけ
様のサイトで書かれておりました。
有難うございます。

Windows 10 Creators Update(Ver.1703)から Microsoft IME に追加された新しい機能です。

Windows 10 Creators UpdateのパソコンでMicrosoft IMEを使って日本語入力を始める際、「オン」「オフ」を切り替えると、その状態が画面に大きく表示されるようになりました。

画面中央部に「あ」と表示されたら、日本語入力可能な状態です。
画面中央部に「あ」と表示

画面中央部に「A」と表示されたら、日本語入力はできず、半角英数字入力が可能な状態です。
画面中央部に「A」と表示

この表示をしたくない場合は、通知領域の「A」や「あ」を右クリック、表示されたメニューから「プロパティ」を選択します。

「Microsoft IME の設定」が表示されるので「IME入力モード切替の通知」にある「画面中央に表示する」のチェックを外し、
「OK」ボタンを押します。
「Microsoft IME の設定」


自分の感覚から言えば、
ようやく念願の文字入力での悩みが
解消されたように思います。

いままでは文字入力の際
「A」か「あ」を判断するのに

いちいち画面下のタスクバーをみて
確認していましたね。

今回のアップデートで文字入力切替で画面に大きな
文字で「A」や「あ」と出るので大変楽になりました。
で、この部分だけで判断すれば、
自分の使っている Google IME より

使いやすくなっているではないか!!
と感じています。

ただし、使いやすいのはこの部分だけですよ(笑)

 カテゴリ

パソコンのデスクトップに「windows10 アップグレードアシスタント」のショートカットができていた!!

  •  投稿日:2017-06-15
  •  カテゴリ:Windows 10

しばらく前から・・というより、いつからあったのかも定かではないんですが(^^ゞ、デスクトップに「windows10 アップグレードアシスタント」のショートカットアイコンが表示されており、例の「Creators Update」だな、とは思っていたけどそのまま放置していたんです。


windows10 アップグレードアシスタント

しかし最近になって自分の近辺でも「アップグレードしたよ」という声もちらほら聞こえるようになってきたので、もう「人柱」になることはないだろう(笑)と腹をくくってアップグレードをやってみました。

アップグレードの手順などについてはいろいろなサイトから参考になる情報がたくさんアップされていますのでここでは省くことにいたします。アップグレードそのものは2時間程度で完了しました。

で、前回の「バージョン1607」から大幅に変わったところはというと、スタートボタンを右クリックすると表示される「クイックアクセスメニュー」からの「コントロールパネル」の表示がなくなってしまったんです。
クイックアクセスメニュー

「コントロールパネル」は何かと使うことの多いメニューがたくさんあるのですぐに出せないのは困ります。

表示方法をネットで検索したら色々とでてきました。皆さん有難うございます。

一番多く表示されているのが、
プログラム⇒⇒⇒Windowsシステムツール⇒⇒⇒コントロールパネルですね。

毎回毎回この手順を踏むのは手間なので、この場合はスタート画面かタスクバーにピン留めすることができます。
スタート画面のコントロールパネル

もう一つ表示する方法があるんです。
Windows xpからの流れに慣れている人にとってはこっちのほうが分かりやすいかも知れませんね。

スタート⇒⇒⇒個人用設定⇒⇒⇒テーマ⇒⇒⇒デスクトップアイコンの設定⇒⇒⇒
デスクトップアイコンの設定.jpg

コントロールパネルにチェックを入れる⇒⇒⇒OK⇒⇒⇒デスクトップアイコンの表示

コントロールパネルのアイコンがデスクトップに表示されました。
コントロールパネルアイコンがデスクトップに表示

使う人によってどこに置くかは違うでしょうが、私はこの方法で使うのがベターだと思いますのでデスクトップに置いています。



 カテゴリ

シニアがOfficeを買うなら従来のOfficeとOffice365 Solo どっちが得だろう?

買い物には後悔がつきものですね。パソコンのソフトでは『Microsoft Office』(以下、Office)がそれじゃないでしょうか。
「Officeはいらないから安く買いたい」という声をシニアの間ではよく聞きます。確かに暇を持て余してパソコンで遊ぶ分にはOfficeは殆どいらないですよねえ。ですからPCを買う時には、Officeを省いて買う人も少なくないと思います。事実ビジネス用途では不可欠なOfficeですが、ユーチューブやサイト巡りなどの個人用途では使わないことが多いのも事実。Officeを省いて安く買おうとするのも当然ですよね。しかし、初めは不要であっても、何かの拍子に「やっぱりOfficeを付けて買っておけばよかった……」と後悔する場合も無きにしもあらず。そこで『Office 365 Solo』が俄然浮かび上がってきます。


現在市販されている個人向けのOfficeには、プリインストール版のOfficeを除くと、パッケージ版の『Microsoft Office 2013/2016』シリーズと、サブスクリプション版の『Office 365 Solo』があります。パッケージ版のOfficeには、一般的なソフトと同様に買い取り式でやや価格が高い反面、購入後は無期限で利用できます。

Office365 Solo
(セイコーなお店)

それに対し、サブスクリプション版のOffice 365 Soloは、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中だけ利用できるので安価に運用できる。
(注)サブスクリプション版とは、年/月単位の利用権を購入するタイプ

Office365 Solo

パッケージ版のOffice 2016は、最も安価な『Office Personal 2016』が2万9252円で、利用できるOfficeアプリはWord 2016、Excel 2016、Outlook 2016に限られる。それに対しサブスクリプション版のOffice 365 Soloは、Officeシリーズの全アプリが利用できるにもかかわらず、1ヶ月1274円、または1年1万2744円と、圧倒的に安いのにはびっくりです。また契約期間も自由に設定できるし、例えば、使いたい時に1ヶ月間だけ契約し、使用後には契約を解除することもOK!。


しかし、おなじ契約するんやったら1年契約が得ですね。それは、1ヶ月契約よりも料金が断然安いものね。1ヶ月契約で1年間利用したら1万5288円になりますが、1年契約なら1万2744円なので、2544円もお得なんですよ。この価格差はかなり大きいですよねえ。


また、Office 365 Soloにはパッケージ版にはない特典があるんです。まず、マイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービス『OneDrive』の1TB利用権が付いてくる。1TBですよ。Officeのデータはもちろん、その他のデータも自由に保存できるクラウドストレージで、スマホやタブレットと連携すれば、スマホで撮影した写真を自動的にOneDriveに保存して簡単に共有するといった使い方も可能ですね。


OneDriveは通常だと15GBが無料で利用できるのですが、それ以上の容量を使いたい場合は、100GBの追加で1ヶ月あたり190円必要となります。つまり、1TB追加するとなると1900円必要になるんですが、Office 365 Soloの契約だとそれがタダ!で利用できるので、これだけでも十分に元が取れている計算になります。その上に、Skypeの1ヶ月間60分の無料通話権も付いてきます。Skypeをうまく活用すれば電話代も大きく節約できますね。


まだありますよ。例えば従来のOfficeだとバージョンが2018になれば新規に購入しないといけませんが、Office365ですと常に一番新しいバージョンが使えるという利点があります。それにOffice 365 Soloは1つの契約で2台のPCにインストールできるんです。


例えば、ノートPCとタブレットPCを持っている場合でも、双方にOffice 365 Soloをインストールして同時利用できるんです。それにWindowsだけでなくMacでも利用可能になっています。パッケージ版のOfficeも2台のPCまでインストールして利用できるんですが、WindowsとMac双方で利用できる点は、パッケージ版にはないOffice 365 Soloの魅力のひとつやないでしょうか。。


このOffice365は常に一番新しいバージョンが使え、複数台インストールでき、タブレット・スマホにも対応しているなど、使い方によってはとてもオトクなのです。
初めからパソコンに入ってるOfficeは単品で買うとすると、3~5万しますからねえ。悩みますねえ。


Gmailで受信したメールを他の人に転送するには・・・・

  •  投稿日:2017-06-03
  •  カテゴリ:Gmail

「転送」は、受信したメールを他のメールアドレスに送る機能
Gmailで受信したメールは、メール本文の下部で直接編集でき、他のメールアドレスに転送を行うことが可能です。また「転送」とは、受信したメールを他のメールアドレスに送る機能のことを言います。


転送したいメールの本文を表示する


Gmailで他の人に転送
(秘密のドア)

Gmail のスレッド一覧画面から転送をしたいメールを選択してメッセージ詳細を表示する。
転送するメール

転送画面を表示する


返信ボタンの右側の[▼]をクリックして表示されるプルダウンメニューから[転送→]を選択するか、または『メールの本文下にある「返信」または「転送」するにはのリンクをクリックする』ですがプルダウンメニューを使うほうが早いと思います。
転送の設定

転送先のメールアドレスを入力


メール本文の下に、転送先のアドレスと件名、転送文の入力ボックスが表示されます。

To:(宛先)に転送したいメールアドレスを入力します。件名は「Fwd:(元の件名)」となりますので、変更したい場合は編集します。
あとは必要に応じて本文を入力し、[送信]をクリックします。

また、転送をするときは冒頭に次のような前置きを入れるようにしましょう。
[○○さんから頂いたメールです。]
[参考になると思いますので、転送いたします。]

但し、転送する文章は、編集・加工しないのが暗黙の条件になっています。
メールアドレスを入力

メールの転送完了


正常に転送が完了すると[メッセージを送信しました。]と表示されます。

Gmail で一度メールを送信・返信・転送すると、そのメールアドレスは自動的に登録され、次回メールアドレスを入力するときに宛先候補が表示されるようになります。

一度メールをやり取りすれば、メールアドレスを探す必要がなくなります。


パソコンを使っていたら表示される通知領域のメッセージ、消しちゃう前に読んでみよう!

パソコンを使っていると、さまざまなメッセージが表示されます。
「もう、またでてきたやん、鬱陶しいなあ!」などと内容を読まずに消したりしていませんか。もしかして、脆弱性に対する重大なお知らせを見逃してしまう可能性があるかも分かりませんよ。



『通知領域』


タスクバーの右端にあり、音量調節やネットワーク、電源の状態などのアイコンが並んで表示されている部分を『通知領域』といいます。

この通知領域のアイコンは、アイコンの変化や吹き出しのメッセージを使って、電子メールの着信、ネットワークへの接続など、プログラムの状態をリアルタイムでユーザーに知らせてくれます。
パソコンの状態を把握するためにも、 通知領域のメッセージは無視せずに一度確認してみることをおすすめします。

アップデートがウイルス感染の予防になる!
(沈黙)


こんなメッセージが表示されていませんか

『Java』


「Java Update利用可能
Javaの最新版のインストール準備完了。
ここをクリックすると続行します。」

一般的に、メーカー製のパソコンには、殆どインストールされています。
通知領域に表示されたメッセージをクリックし、画面の指示に従い作業を進めることで更新できます。


『Adobe Reader(アドビリーダー)』


「アップデートのインストール準備ができました。
詳しくはここをクリックして下さい。」

上のメッセージは、Adobe Readerのアップデートが提供されていることを知らせてくれています。
PDFファイルは、取扱説明書や調査結果などをインターネット上で公開する際に、利用されることの多いファイル形式です。拡張子は[.pdf]です。
こちらも、メーカー製のパソコンには、あらかじめインストールされていることの多いソフトウェアです。


『アクションセンター』


アクションセンターは、パソコンのセキュリティやメンテナンスの状態を自動で確認し、通知してくれるWindowsの機能です。
セキュリティやメンテナンス状態に問題があった場合は、旗のアイコンが変化したり、吹き出しなどで知らせてくれます。

表示された吹き出し、または通知領域の旗アイコンをクリックすると通知内容を確認できます。
「○個の重要なメッセージ」と書かれた部分をクリックするとアクションセンターが開き、問題のある項目がひと目で確認できます。
表示されている内容をよく確認し、設定を変更しましょう。

パソコンのメンテナンスのためにも、アクションセンターの通知は無視せず、確認してください。


『アップデートがウイルス感染の予防になる!』


アップデートが通知されたソフトウェアは、メッセージの内容に従い、最新の状態へ更新しておきましょう。

通知領域には、パソコンのOSをはじめ、ソフトウェアメーカーから提供されるアップデートには、製品の向上を目的とする更新以外に、見つかった脆弱性に対する修正プログラムが提供されることがあります。
提供されたソフトウェアを更新して、パソコンが攻撃の対象とならないように、予防しましょう。
何れにしても通知領域のメッセージは無視しないようにしましょう。


Copyright © シニアのパソコンとインターネット All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます