フリーソフトのタグ記事一覧

パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

タグ:フリーソフト

フリーソフトのタグが付いた記事一覧。パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

2017-10-04 セキュリティ
フリーソフトの「Malwarebytes Anti-Malware Free」でパソコン内の掃除をやってみたhttp://tohban.blog40.fc2.com/blog-entry-913.htmlで書いていたのですが、いつの間にかバージョンが新しくなり、その上フリー版がなくなってしまって、そのまま使うと有料版となってしまうので、新しいバージョンのダウンロードとインストール後にフリー版に変更する方法を残しておきたいと思います。旧のバージョンは Malwarebytes Anti-Malware...

記事を読む

2017-09-20 Windows 10
皆さんは既に何らかの画像編集ソフトソフトを使っておられると思います。画像は頻繁に使うファイルであり、トリミング、合成、文字挿入、またモザイクを入れたりなどの画像加工をおこなう上での操作は必要となってきますので使い方は覚えておきましょう。勿論使い慣れた Jtrim や photoshop などの画像編集ソフトがあればそれを使って貰って構いません。 ただ、「今まで画像編集ソフトは余り使ったことがない」という方は是非この...

記事を読む

2017-08-10 パソコン関連色々
「Malwarebytes Anti-Malware Free」って何・・?Malwarebytes Anti-Malware(マルウェアバイト アンチマルウェア)は、米国の Malwarebytes Corporation が提供しているWindows XP/Vista/7/8/10 向け無料の不正プログラム駆除ソフトウェアで、『ワーム、トロイの木馬、詐欺ソフト、スパイウェア、日本でも感染被害が見られる広告表示プログラム(アドウェア)、身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)、偽セキュリティソフト』な...

記事を読む

2017-05-23 インターネット
インターネットでフリーソフトをダウンロードしてインストールすることは皆さん方もよくされていると思います。またソフトウェアのダウンロード画面内に紛らわしい広告(悪質なアドウェアの場合もあり)を組み込んであったりするほかにも、追加ソフトウェアをインストールさせるように仕向けているタイプのソフトウェアも存在します。インストールが終わったらホームページの画面が変わってしまった、という経験のある方もおられる...

記事を読む

2017-05-12 パソコン関連色々
ゴールデンウィークという長期休暇は過ぎましたが一年中が長期休暇(^^ゞというシニア層にとってはインターネットなどを利用する時間がどうしても長くなり、色々なトラブルや被害に遭う可能性が増えてくるんですよね。思わず訪れてしまった悪意のあるサイトで、被害に遭わないためにも普段からのセキュリティ対策は欠かせませんよ。以下のセキュリティー対策を心がけようOSを常に最新のバージョンに更新しておく。パソコンのOSアッ...

記事を読む

2017-02-16 Gmail
パソコンで使っているメールソフトのWindows Live MailやOutlookは、受信メールを条件設定したフォルダに振り分けられるのに対し、Gmailは一つのメールにラベルが振り分けられます。我々シニア層には取っ付きが悪いかもしれませんが頑張りましょう。ラベルとはフォルダのように「箱に入れて分ける」というわけではなく、まさに「目印や名札を貼って見つけやすくする」という機能と理解すれば分かりやすいかも知れません。自分自身...

記事を読む

No Image

2017-02-15 Gmail
今までWindows Live MailやOutlookを使っていたシニアの方々は、Gmailを使い始めると先ず最初にGmailのスレッド表示に非常に戸惑われたのではないでしょうか。が、スレッド表示はそれを解除することによって、従来通りのメール表示になり、格段に見やすくなって、ほっとされた方も多かったのではないかと思います。しかし、もう一つGmailに馴染めない理由が「ラベル機能」にあるようです。Windows Live MailやOutlookなど多くのWi...

記事を読む

2017-01-31 Gmail
パソコンで使っているフリーソフトのメーラーでも、メールの新規着信があると、リアルタイムでチャイムやアラート音で知らせてくれる機能は備わっているものが結構ありました。Gmailではないの?という疑問!Gmailを使い始めて当初はその事が余り気にならなかったのですが、ネットを見たりしている時に「メールの着信を知らせてくれたらなあ」と考えだしたりしてあちこちと調べてみたら、chromeの拡張機能で望んでいたものがありま...

記事を読む

2017-01-30 Gmail
署名はビジネスメールには勿論必要ですが、たとえシニアと呼ばれるようになってもパソコンでメールを送るからには署名はある方が絶対良いですよね。Gmailでも署名を付けることができますから、プライベートでGmailを使っている場合でも必ず署名を入れるようにしましょう。Gmailでメールの末尾に署名が挿入されるように設定する手順を解説します。Gmailで署名を作成する手順Gmailにログインし、画面右上の「歯車」のアイコンをクリ...

記事を読む

2017-01-23 Gmail
セキュリティの堅牢さでは抜群のGmailにシニア層待望のプレビュー機能がついに登場!長い間待ちこがれていたプレビュー機能が、ついにGmail Labsに登場しました! これで、Gmailでも従来からあったフリーソフトのメーラーやWindows Liveメールライクなプレビュー機能を使うことができます。プレビューパネルを使用することにより、左側にメール一覧を表示させながら右側にメールの中身を表示させることが出来ます。現在 Gmail を...

記事を読む

アンチスパイウェアソフト Malwarebytes の新しいバージョン Malwarebytes 3.2.2 がでています

フリーソフトの「Malwarebytes Anti-Malware Free」でパソコン内の掃除をやってみた
http://tohban.blog40.fc2.com/blog-entry-913.html

で書いていたのですが、いつの間にかバージョンが新しくなり、その上フリー版がなくなってしまって、そのまま使うと有料版となってしまうので、新しいバージョンのダウンロードとインストール後にフリー版に変更する方法を残しておきたいと思います。

旧のバージョンは Malwarebytes Anti-Malware 2.2.1.1043 でしたが新しいバージョンは Malwarebytes 3.2.2 となっています。


気をつけること


Malwarebytes 3.2.2 をダウンロードする前に、旧のMalwarebytes は必ずアンインストールしておきましょう。できればその後で CCleaner で掃除して、関連ファイルを削除すれば万全です。そしてそのあと一度再起動するのを忘れないようにして下さい。


ダウンロード


「Malwarebytes 3.2.2」のセットアップファイル
https://www.malwarebytes.com/

次に上記のダウンロードサイトにアクセスしてから「FREE DOWNLOAD」という項目をクリックします。一応フリーと書かれておりますが通常の方法ですと決してフリー版ではありませんので気をつけて下さい。
WS000054.jpg

Thank You の文字がでます。また左下に小さい字で一応注意書きが書かれていますので一通り目を通してから「保存」をクリックします。
WS000055.jpg

インストール


「保存」が完了したら「インストール」を実行して下さい。
WS000056.jpg

言語の選択画面ではデフォルトで「日本語」が表示されていると思うので「OK」をクリック。
WS000057.jpg

セットアップウィザードが表示されるので「同意してインストール」
WS000058.jpg

インストール中です。
WS000059.jpg

インストール完了です。このあと一旦再起動しましょう。
WS000060.jpg

設定変更してフリー版にする


再起動しました。
この状態ではプレミアム版になっているのでここでフリー版に変更します。左メニューの「設定」をクリックします。
WS000063_20171004183330e48.jpg

上部に出てきた「マイアカウント」をクリックします。
WS000064.jpg

「マイアカウント」という項目をクリックすると、下面に「プレミアム版トライアルの無効化」という項目が出てくるのでクリックします。
WS000065_20171004183333d4a.jpg

本当に無効にしますか?の画面では「Yes」をクリック。
WS000066_20171004183334f08.jpg

フリー版に変更されたのがわかりますね。
WS000076_20171004183319a9d.jpg

「Malwarebytes 3.2.2」でパソコンのチェック


ここからパソコンのチェックをやってみましょう。
「ダッシュボード」をクリックし、「アップデートの確認」をクリック
WS000067_2017100418333669e.jpg

「アップデートのダウンロード中」なのでもう少し待ちます。
WS000068.jpg

「アップデートが現在」になればパターンファイルは最新になります。「いますぐスキャン」を行ないます。
WS000069_201710041833396ce.jpg

ここからは人によって、またパソコンによって作業時間は違ってきます。
WS000070_20171004183340a99.jpg

15分ほどでスキャンは終わりましたが「脅威のファイル」が5つもありました(^^ゞ
WS000071_20171004183342932.jpg

「脅威のファイル」にチェックを入れ「選択の隔離」をクリック。
WS000072_201710041833434a2.jpg

正常に削除されました。いますぐ再起動しますか。と書かれていますので「はい」をクリックします。
WS000073_20171004183345e2c.jpg

まとめ


手段は変わっても相変わらず『ワーム、トロイの木馬、詐欺ソフト、スパイウェア、日本でも感染被害が見られる広告表示プログラム(アドウェア)、身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)、偽セキュリティソフト』などの被害にかかる人が絶えない状態です。大丈夫だと思っても油断せず適度な間隔でチェックするようにして下さい。

画像編集ソフト「フォトスケープ」の超簡単な使い方(Windows 7・8・10対応)

  •  投稿日:2017-09-20
  •  カテゴリ:Windows 10
皆さんは既に何らかの画像編集ソフトソフトを使っておられると思います。画像は頻繁に使うファイルであり、トリミング、合成、文字挿入、またモザイクを入れたりなどの画像加工をおこなう上での操作は必要となってきますので使い方は覚えておきましょう。

「フォトスケープ」の超簡単な使い方

勿論使い慣れた Jtrim や photoshop などの画像編集ソフトがあればそれを使って貰って構いません。 ただ、「今まで画像編集ソフトは余り使ったことがない」という方は是非この「フォトスケープ」を使ってみて下さい。多彩な機能に驚かされると思います。

そこで、今回は無料で使えて初心者にも使いやすい画像編集ソフト「フォトスケープ」のダウンロードから基本的な使い方を見てみたいと思います。


「フォトスケープ」のダウンロード


まずは、「フォトスケープ」の無料ダウンロードページを開きます。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se492136.html

赤枠をクリックして実行ファイルをダウンロードします(PhotoScape_V3.7.exe)
「フォトスケープ」の無料ダウンロード

「フォトスケープ」の無料ダウンロード

「フォトスケープ」の無料ダウンロード


「フォトスケープ」のインストール


ダウンロードが完了するとインストールを実行します。
実行ファイルには怪しいものは入ってないので安心してインストールを行なって下さい。

インストールが完了すると自動的にソフトが立ち上がり、画面のような表示になります。

「フォトスケープ」のインストール


編集画像の取り込み


次に編集したい画像を取り込むわけなんですが、2種類の方法があります。
1.「フォトスケープ」の画面内に編集したい画像をドラッグする。

画像の取り込み

画像の取り込み


画像の縦横比、サイズを決める


画像を取り込んだら次に画像の縦横比やサイズを決めます。今回は例としてユーチューブに投稿する画像を想定して説明したいと思います。

まず、画面の縦横比ですが、最近のテレビ画面などと同じくユーチューブも 16:9 が標準になっていますのでそれで決めていきます。

なお、パワーポイントなどで投稿動画を作り、挿入写真にコラージュしたりする場合などはあえて写真サイズにはこだわる事はありません。ただパワーポイント画面の縦横比だけは 16:9 にして下さい。

ということで今回は Youtube に投稿を想定した画像ですから写真の縦横比は16:9 にします。

「トリミング」を選択



画像のトリミング

次に「自由トリミング」から「16:9」を選択します。
画像が「16:9」の縦横比でトリミングできるようになりました。

画像のトリミング

画像の中でマウスを押したまま動かすと「16:9」の範囲内で選択されている部分が動くと思います。
一番見てほしい部分をこの「16:9」の範囲内へ入れるようにしましょう。

画像のトリミング

切り取る範囲が決まったら「トリミング」をクリックするか「Enter」キーを押すと選択部分が残って切り取られます。


「画像のサイズ」を決める


縦横比が決まったら画像のサイズを揃えます。できるだけ大きい方が良いのは間違いないんですが、ファイルサイズが大きくなると画像変換や Youtube へ投稿したりする時間も長くなりますので余り大きくはしたくないですね。

「ホーム」タブから「リサイズ」を選択します。

「画像のリサイズ」

横幅の理想は1600ピクセル辺りなんですが、今回はやや抑えて1024ピクセルで行ないます。
「より長い方を減少」1024Px を選択します。

元のサイズです。
元の画像サイズ

縮小したサイズです。
縮小した画像サイズ

サイズの大小は画面の荒れに繋がるだけですが、縦横比が変わると画面の上下や左右に黒い帯が入ったりして非常に見にくくなりますので必ず揃えるように心がけて下さい。

また、敢えて事情がある場合以外は縦画像はできるだけ使わないほうが良いのではないかと思います。

画像の保存


加工が終われば画像を保存しますが右下の「保存」をクリックすると図のように3つの選択肢が表示されます。

画像の保存

お薦めは一番最後の「名前をつけて保存」で、元画像と同じフォルダになりますが適当な名前に変更して保存する、という方法です。

何れにしても、ここは自分に合った形式で保存して貰ったら良いと思います。



以上、簡単でしたがフォトスケープを使った画像のサイズ変更の方法でした。なお、今回はサイズの大きい画像を縮小しましたが当然小さいサイズを拡大もできます。

しかしその場合は当然のことながら画像が荒れてきますのでなるべくなら大きいサイズの画像を小さくする、という使い方をやってくださいね。

フリーソフトの Malwarebytes Anti-Malware Free でパソコン内の掃除をやってみた

「Malwarebytes Anti-Malware Free」って何・・?

Malwarebytes Anti-Malware(マルウェアバイト アンチマルウェア)は、
米国の Malwarebytes Corporation が提供している
Windows XP/Vista/7/8/10 向け無料の
不正プログラム駆除ソフトウェアで、

『ワーム、トロイの木馬、詐欺ソフト、スパイウェア、日本でも感染被害が見られる広告表示
プログラム(アドウェア)、
身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)、偽セキュリティソフト』などの駆除に定評があるマルウェア駆除ツールの定番ともいえるソフトウェアです。

見た目はシンプルなんですが、マルウェアなどの検出率は高く、他のアンチスパイウェアでは検出できないマルウェアも検出することができたりします。

加えて、スキャン速度が比較的速いので、あまり億劫にならずに使うことができると思います。

普段使用しているセキュリティソフトが発見できなかったマルウェアなども検出してくれるので、「これだけでは、何だか心配・・・・」と思ったりしている人などには特におすすめです。

と、だらだらとした前書きが長くなりましたが、昨日シニアグループ25名のパソコンチェックを「Malwarebytes Anti-Malware Free」でやってみました。

Malwarebytes Anti-Malware Free

毎年必ず1回は行なうのですが、新規で来られた方は100個以上検出される人がいつも何名かはおられます。

パソコンを使っていてもオフィスソフトがメインの人は、あまりおかしなソフトを取り込む機会は少ないですが、インターネットを積極的にされている方とか、あれこれとフリーソフトのダウンロードをしている方や、怪しげなサイト?を覗いたりする方たちは結構蓄えられています(笑)

昔と違ってダウンローダーと称するサイトが、誤クリックを狙って結構紛らっかしい作り方をしているのも大きな原因でしょうね。

今回やってみてそこそこ貰っていた方は、3ヶ月に1回程度はこのソフトでパソコン内のチェックをした方が安全ですよ。

シニアや初心者注意!フリーソフトをインストールしたら、ホームページが変わってしまった!ツールバーが増えた!知らないソフトが勝手にインストールされた!

インターネットでフリーソフトをダウンロードしてインストールすることは皆さん方もよくされていると思います。またソフトウェアのダウンロード画面内に紛らわしい広告(悪質なアドウェアの場合もあり)を組み込んであったりするほかにも、追加ソフトウェアをインストールさせるように仕向けているタイプのソフトウェアも存在します。インストールが終わったらホームページの画面が変わってしまった、という経験のある方もおられるんじゃないでしょうか。
フリーソフトとは、作者のご厚意で本来なら有料になるところを無償で提供してくれているソフトウェアのことを指します。今回はフリーソフトのインストール方法の注意点をご紹介します。



フリーソフトをインストールする際の注意点


フリーソフトは、パソコン操作で必要不可欠なものであったりすることもあるので多くの方が利用されていると思います。インターネットでフリーソフトをダウンロードしてインストールすることはよくあることです。

フリーソフトをインストール
(ヘッドライト)

日本製であれば言語が日本語なので、よく読めば問題ないと思いますが、海外製品だと言葉が理解できないのでなんとなく画面の流れに任せてインストールしてしまいがちです。
身に覚えのないソフトウェアがインストールされていた!!よく聞く話です。

またソフトウェアダウンロード画面内に紛らわしい広告を組み込んだりするほかにも追加ソフトウェアをインストールさせるように仕向けているタイプのソフトウェアも存在します。
ダウンロードやインストール中の画面で、チェックボックスが付いていることを見たことはないでしょうか?いわゆるフリーソフトウェアに「抱き合わせ」ている場合です。

フリーソフトをインストールする時によくおまけソフト(これもフリーソフト)もどうですか?という感じで聞いてきます。

一緒にインストールして使用することはもちろんできるのですが、必要のないソフトであったりするというかかえってパソコンの起動や動作に多少影響が出てくるというのもあります。

本当に必要かどうか?というのをよく考えてからチェックを入れるようにします(それがなかなかわからないのでこのようなテーマが出てくるんですが・・・・)

フリーソフトインストール時のおまけソフトとしては、ブラウザのツールバーやセキュリティソフトなどが比較的多いです。インストールしても特に弊害はないのですが(セキュリティソフトの場合は多いに問題あり!)役に立つということもほとんどないでしょう。

また悪質なおまけソフトではブラウザに設定しているホームページの画面が書き換わることもよくあります。
このようなソフトをインストールしてしまったという場合には、プログラムの追加と削除からアンインストールします。

落とし穴はここに・・・・


ソフトウェアをインストールする場合、詳しい人であればプログラムのインストール先の選択などインストールをカスタマイズもできますが、普通のかたが使うとなると推奨設定そのままでインストールすることが多いと思います。

実はここに落とし穴があります。
推奨設定のままインストールすればそのまま抱き合わせソフトウェアもインストールされます。

インストールはカスタムインストールを使う。
これに尽きます。

「カスタムって・・なんだかむずかしそうやなあ」と思われるかもしれませんが、カスタムインストールを選んでも推奨設定値などはそのままですので、クリックしていくだけで問題はありません。

ただ注意することは、「追加ソフトウェアをインストールする」などと言ったウィンドウが表示された場合です。悪質なソフトの場合はこのあたりの文字サイズが極端に小さくなるのもあるので見逃さないようにしましょう。

ここでこのソフトもいいな~と思えばインストールすればよいと思います。
必要がないとか不審だななどと思ったソフトウェアであればチェックを外すことで抱き合わせソフトウェアのインストールを防ぐことができます。

Craving Explorer のインストール


ここで例を紹介します。わたしの経験からして、マニアックなソフトウェアであるほど不審な抱き合わせソフトウェアが多いなあと感じました。
この Craving Explorer とはユーチューブにアップされている動画データーを、パソコンへ保存することができるフリーソフトです。このソフトウェアは通常のインストールでは、3種類のソフトウェアが Craving Explorer と同時にインストールされます。

ソフトウェアをダウンロードします。今回はファイルをサイトよりダウンロード済みとします。ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックして開き、「次へ」をクリックします。




2.使用許諾に同意して「次へ」をクリックします。

02-使用許諾同意

3.ここです!通常ですと「標準のインストール」にチェックが入っていますので、「カスタムインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。よく読むと、標準のインストールでは「おすすめするソフトウェアを同時にインストール」すると明記があります。

03-カスタムインストール

4.Craving Explorer を起動するアイコンをどこへ追加するか選択します。例として、「デスクトップ上にアイコンを作成する」を選択しました。選択後、「次へ」をクリックします。

04-デスクトップ上にアイコンを作成する

5.おすすめアプリ&サイトの選択です。もちろん不要であればすべてチェックを外してしまって問題はありません。中にはブラウザの初期設定を書き換える悪質?なものも存在するので、知らないものはインストールしないように注意してください。

05-おすすめアプリ/サイトの選択

6.インストールの準備が完了しました。「インストール」をクリックします。

06-インストール

7.インストールが完了しました。このまま「完了」をクリックすると Craving Explorer が起動します。

07-完了

今回は Craving Explorer という多くの方に使われていると思われるフリーソフトを例に、抱き合わせソフトウェアのインストール回避方法を紹介しました。ほとんどはカスタムインストールで抱き合わせソフトウェアのインストールを回避できます。



ただし、これらはフリーソフトウェアであることを忘れないでください。ユーザーにソフトウェアを無料で提供する代わりに、広告収入が開発者の糧となっているためです。

しかしながら悪質な作者もいるのが現実で、強制的に抱き合わせソフトウェアをインストールさせるソフトウェアも存在します。あらかじめネットで検索し、そのソフトウェアの評判をチェックするのも一つの手段だと思います。

シニアやパソコン初心者が狙われている・・セキュリティ対策は大丈夫ですか

ゴールデンウィークという長期休暇は過ぎましたが一年中が長期休暇(^^ゞというシニア層にとってはインターネットなどを利用する時間がどうしても長くなり、色々なトラブルや被害に遭う可能性が増えてくるんですよね。思わず訪れてしまった悪意のあるサイトで、被害に遭わないためにも普段からのセキュリティ対策は欠かせませんよ。以下のセキュリティー対策を心がけよう




OSを常に最新のバージョンに更新しておく。


パソコンのOSアップデートとは、OSという基本のソフトウェアを最新の状態にすることです。OSアップデートをしていないけど、今のところ特に問題なく使用できているから……と、そのままにしてしまっている人もいるかもしれませんが、油断してはいけません。

OSアップデートされる内容は、不具合(バグ)を直したり、機能の追加や向上をしたりといったことが主になります。OSには「セキュリティホール」という不具合が発生することがあり、これをそのままにしているとパソコンがウイルスに感染してしまったり、悪意のある人に不正アクセスをされてしまったりする恐れがあります。

OSアップデートでは、このセキュリティホールを塞ぎ、外部からの攻撃を防ぐ環境を作るための修正が行われることもあります。いつ自分がそのような脅威に遭うか分からないので、日頃からOSアップデートは実行するように心掛けてください。


ブロードバンドルーターを介してインターネットへ接続する。


なぜルーターを使ったら良いのか・・理由は色々ありますが、最大の効果はブロードバンドルーターのファイアウォール機能によりセキュリティーの向上が期待できるってことだと思います。

まあいわば二段構えのファイアウォールを構築しているんですね。パソコンが一台しかないのにルーターなんて勿体無い!なんて考えないでセキュリティーの利点と天秤にかけて貰ったらよく分かると思います。


ウイルス対策ソフトは最新のパターンファイルに更新する。


パターンファイルを更新しないと、新しいウイルスの情報がパソコンの中にはなく、メールやUSBからウイルスが侵入した場合に、検知されず、感染してしまうことになります。

また、セキュリティ対策ソフトの更新期限が切れたままで使っていると、パターンファイルの更新が行われなくなってしまってウイルス対策ソフトとしての機能が果たせないばかりじゃなく、ただ単にバカ重いだけのソフトが無駄にハードディスクを使っている、という情けない状態になっていますのでこれだけは避けないといけません。


万が一に備えて重要なデータはバックアップを取っておく。


例えば、ウイルスに感染してパソコンが動かなくなったとか、ハードディスクが壊れてメールやデータが見られなくなったなどが起こった場合「しまった!」と思ってももう遅いんです。
そんな不慮の事故が起こった場合に備えてデータなどのバックアップを取るわけですが、WindowsがインストールされていないDドライブや、CD/DVDなどのメディア、外付けハードディスクにバックアップすることをお勧めします。


パソコンのアプリケーションも、最新のバージョンに更新する。


(ブラウザー、メールソフト、インストールしたフリーソフトなど)
マイクロソフトの製品だったらWindowsの更新の際に同時にやってくれますが、サードパーティのソフトの場合は自分でやらないといけません。


悪魔のトリオはこれだ!!


Java、Adobe Acrobat DC、Adobe Flash Playerはパソコンのウイルス感染被害に繋がる原因として最凶最悪の危険物トリオです。
中でもJavaは最悪の元凶なのでJavaを必要としないユーザーならば、パソコンから削除(アンインストール)するのもウイルス対策としてとても有効です。

そもそもJavaとはプログラミング言語の一種であり、Javaにより作成されたアプリケーション及びWebサイト等を動作させるため、Java Runtime 等のようなJavaプログラムをインストールする必要があります。

しかしながらPCを通常範囲で使用するユーザーからすれば、Javaというもの自体が不要な人もたくさんいます。そのため、使っているPCでJavaがインストールされているか否かを把握して現状がインストールされていないのであれば、あえてインストールする必要はありません。

また仮に使っているPCでJavaがインストールされている場合でも一度アンインストールをやってみて、何も差し支えなく使える状態であればJava自体をアンインストールすることをお勧めいたします。

なぜならばJavaはそれ自体、非常に脆弱性を悪用されやすいプログラムであり、セキュリティリスクの高い旧バージョンをインストールしたままにしておくと、そこからマルウェア感染が生じる危険性が非常に高くなります。

またあちこちに偽サイトも横行していますので、騙されないためにも、日頃からプログラムをダウンロードする際は必ず公式サイトからダウンロードすることや、公式サイトのURLを把握しておく(お気に入りなどに保存)ことが非常に重要となるでしょう。

Windows Live Mailとは違って、Gmailはラベルを作成してメールを見やすく分類する

  •  投稿日:2017-02-16
  •  カテゴリ:Gmail

パソコンで使っているメールソフトのWindows Live MailやOutlookは、受信メールを条件設定したフォルダに振り分けられるのに対し、Gmailは一つのメールにラベルが振り分けられます。我々シニア層には取っ付きが悪いかもしれませんが頑張りましょう。




ラベルとはフォルダのように「箱に入れて分ける」というわけではなく、まさに「目印や名札を貼って見つけやすくする」という機能と理解すれば分かりやすいかも知れません。


自分自身も当然ながらこのフォルダ分けに慣れていたため、ラベルという概念を理解するまでかなり時間がかかりましたが、慣れてくると1つのメールに複数の目印(ラベル)を作ることが可能なので受信メールの整理整頓に大きく役立ちます。


それでは早速ラベルを作ってみましょう!


まずは、ラベルを貼りたい受信メールを開き、ラベルアイコンをクリックし「新規作成」をクリックします。

またすでに作成されているラベルがあれば左のチェックボックスにチェックを入れ、「適用」をクリックして下さい。

今回のラベル名は例として「友人」としています。

Gmail_label01.png



はい、今作ったラベルが受信メールに貼り付けられました!

Gmail_label02.png



左側のメニューにも作成したラベルが出てきます。
ここをクリックすると既に「友人」のラベルを貼られたメールを見ることができます。

Gmail_label03.png



ラベルは受信したメールに複数のラベルをつけることができますのでフォルダより整理しやすいし見つけやすいと思います。


振り分けしたときにわかりやすい名前にすると見つけやすくなります。
また、ラベルに色付けをすることもできますので、さらに見つけやすくすることができます。



このやり方である程度整理できましたら、受信BOXを開くたびに「あ~ぁ…」とため息をつくことも少なくなるのではないでしょうか。


またそのうちに、自動でラベル付けをして分類する方法を説明したいと思います。

「Windows Live Mailとは違って、Gmailはラベルを作成してメールを見やすく分類する」でした。

Gmailのラベル設定!受信メールを整理整頓!!シニア層必携!!

  •  投稿日:2017-02-15
  •  カテゴリ:Gmail

今までWindows Live MailやOutlookを使っていたシニアの方々は、Gmailを使い始めると先ず最初にGmailのスレッド表示に非常に戸惑われたのではないでしょうか。が、スレッド表示はそれを解除することによって、従来通りのメール表示になり、格段に見やすくなって、ほっとされた方も多かったのではないかと思います。




しかし、もう一つGmailに馴染めない理由が「ラベル機能」にあるようです。


Windows Live MailやOutlookなど多くのWindowsのパソコンで使うメールソフトでは受信メールを仕分けるための入れ物のことを「フォルダ」と呼ぶことが多いのですが、Gmailではこの「フォルダ」に当たるものを「ラベル」と呼んでいます。


厳密に言うと他のメールソフトで言うところの「フォルダ」とGmailの「ラベル」は全く違うものなのですが、一般的にはほぼ同じ機能として使われているようなので、「ラベル」=「フォルダ」と理解してもよいのではないかと思います。


そしてこの「ラベル機能」に戸惑いながらもGmailを利用していくと、受信トレイにどんどん受信メールが増える一方で全然整理ができていない・・・・なんて人も多いのではないでしょうか。
もちろん、自分もその一人なんですよ(^^ゞ


ですがそろそろ限界も見え隠れしてきましたので、やっと重い腰を持ち上げて調べてみることにしました。



次回では、このGmailのラベル機能についてご紹介したいと思います。

「Gmailのラベル設定!受信メールを整理整頓!!シニア層必携!!」でした。

フリーソフトのメーラーでも着信音を鳴らせるのに、Gmailでは着信音を鳴らせないの?

  •  投稿日:2017-01-31
  •  カテゴリ:Gmail

パソコンで使っているフリーソフトのメーラーでも、メールの新規着信があると、リアルタイムでチャイムやアラート音で知らせてくれる機能は備わっているものが結構ありました。Gmailではないの?という疑問!



Gmailを使い始めて当初はその事が余り気にならなかったのですが、ネットを見たりしている時に「メールの着信を知らせてくれたらなあ」と考えだしたりしてあちこちと調べてみたら、chromeの拡張機能で望んでいたものがありましたので紹介します。

それは「Checker Plus for Gmail」というchromeの拡張機能です。
chromeの拡張機能なのでchromeからインストールしないと使えません。

Checker Plus for Gmail の導入とインストール


まずはGoogle Chromeを起動し、「設定」から「拡張機能」を開きます。
Gmail_1_Checker.png

Gmail_2_Checker.png


「拡張機能」の画面が開いたら下へスクロールして「他の拡張機能を見る」をクリック。
Gmail_3_Checker.png


「Chromeウェブストア」に入るので検索バーに「Checker Plus for Gmail」と入力するとChecker Plus for Gmailが表示されるので、右横の「+Chromeに追加」ボタンをクリック。
Gmail_4_Checker.png


「Checker Plus for Gmail」を追加しますか?と聞いてくるので「拡張機能を追加」ボタンをクリック。
Gmail_5_Checker.png


次の画面で「拡張機能を設定します」をクリック。
Gmail_6_Checker.png


「WELCOME」のところでは「日本語」を選択(日本語になっているはず)
Gmail_7_Checker.png


「通知」タブをクリックして、チャイムの選択、ボリューム、デスクトップ通知を設定します。他にも色々あるみたいですが良く分かりません(^_^;)
Gmail_8_Checker.png


気がつけば、Gmailの右上には「Checker Plus for Gmail」のアイコンと未読メールの数字が表示されていました。
Gmail_9_Checker.png


試しにテストメールを送って見たところ、Chromeの画面右下に、送られてきたメールの内容が表示されるとともにチャイムも鳴りましたので、これで十分満足です。

なお、チャイムの音も自分の好きなメロを選べるようなので後日試して見ようと思っています。
Gmail_10_Checker.png

フリーソフトのメーラーでも署名機能があったのにGmailには署名を付けられないの?

  •  投稿日:2017-01-30
  •  カテゴリ:Gmail

署名はビジネスメールには勿論必要ですが、たとえシニアと呼ばれるようになってもパソコンでメールを送るからには署名はある方が絶対良いですよね。



Gmailでも署名を付けることができますから、プライベートでGmailを使っている場合でも必ず署名を入れるようにしましょう。
Gmailでメールの末尾に署名が挿入されるように設定する手順を解説します。


Gmailで署名を作成する手順


Gmailにログインし、画面右上の「歯車」のアイコンをクリック。
「サブメニュー」が表示されるので「設定」をクリック。
Gmail2-thread.png

「全般」をクリックした後、「署名なし」の下のオプションボタンをクリックします。
下のボックスに署名を入力します。

複数のメールアドレスを登録している時は、「署名なし」の下にボックスが現れるので、チェックボタンをクリックしてメールアドレスを選択し、下のボックスに署名を入力します。
Gmail-syomei.png


画面を一番下までスクロールして、「変更を保存」をクリックします。
Gmail4_fontsize.png

署名は、アイデア次第で様々なパターンが可能です。ネットには色々な署名のテンプレートサイトがありますので参考にしてみて下さい。

Gmailにシニア層待望のプレビュー機能がついに登場!

  •  投稿日:2017-01-23
  •  カテゴリ:Gmail

セキュリティの堅牢さでは抜群のGmailにシニア層待望のプレビュー機能がついに登場!長い間待ちこがれていたプレビュー機能が、ついにGmail Labsに登場しました! これで、Gmailでも従来からあったフリーソフトのメーラーやWindows Liveメールライクなプレビュー機能を使うことができます。




プレビューパネルを使用することにより、左側にメール一覧を表示させながら右側にメールの中身を表示させることが出来ます。
現在 Gmail を使っていてメールを確認する時、一度開くたびにまた戻るのは少し面倒だったですよね・・・・?


これを有効にすると、わざわざメールをクリックして開かなくても、すぐに内容を確認することが可能になります。「Labs」の機能「プレビューパネル」試してください!
Gmail1-pre.png


WindowsLiveメールなどのクライアント型メールソフトを利用されていた方々にはおなじみの画面ですね?。
これにより、開くたびに戻ることもありませんし、メールの確認が今まで以上に簡単に出来るようになります。


Gmail はイマイチやなあ・・・・と毛嫌いをしていた方!どうですか?これでメールソフトとバイバイできるような気がしませんか?
私自身はもう以前のメールソフトに戻れないような気がしています……。

シニア層待望・・Gmailプレビューウィンドウの設定方法


Gmail の画面右上の「歯車マーク」の中にある「設定」をクリック
Gmail2-thread.png


画面上部のタブから、「Labs」をクリック
機能一覧が出てくるので、その中から「プレビューパネル」を探して「有効にする」にチェックを入れます
Gmail2-pre.png


最後に、スクロールした画面一番下の「変更を保存」で設定を保存します
Gmail3-pre.png


「Labs」の「プレビューパネル」を有効化しただけでは機能自体はオンになっていません。
Gmailトップ受信トレイの画面の右上に「プレビューパネル」の設定のボタンが追加されているので「▼」をクリックして好みの設定に切り替えましょう。


分割なし・・・従来通り分割を行わない表示
垂直分割・・・メール一覧を左に、プレビューを右に表示します
水平分割・・・メール一覧を上に、プレビューを下に表示します


Gmail4-pre.png


ウィンドウ分割なし
Gmail5-pre.png


ウインドウ垂直分割
Gmail6-pre.png


ウインドウ水平分割
Gmail7-pre.png


いかがでしょうか。これでメールを開くたびに戻ることもありませんので、メールの確認が今まで以上に簡単に出来るようになったのではないでしょうか。
※「Labs」は実験的な機能をテストする場であり、ここにある機能は随時変更、中断、提供中止されることがあります。

Copyright © シニアのパソコンとインターネット All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます