Windowsのタグ記事一覧

パソコンで何ができるの?シニアのパソコン便利帳メール&インターネットで遊ぼ!はシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メール&インターネット、Windowsやパソコンの基本操作、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

スポンサードリンク

タグ:Windows

Windowsのタグが付いた記事一覧。パソコンで何ができるの?シニアのパソコン便利帳メール&インターネットで遊ぼ!はシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メール&インターネット、Windowsやパソコンの基本操作、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

2017-04-14 インターネット
以前、自分の体験と友人の体験を踏まえて下記のように皆さんに注意を促しました。シニアの方ご注意!なりすましメールには乗らないよう気をつけてください (2017/03/04)シニアの方が狙われています。ショートメールでの不正な金銭の請求には気を付けよう (2017/02/27) ところがちょっと過去の記事ですがYOMIURI ONLINEで以下のような記事を発見しましたので紹介をさせていただきます。ネット詐欺 狙われるシニア ~アダルト...

記事を読む

No Image

2017-04-11 Gmail
Gmailで返信する時に件名も変えられたら良いのになあ・・とシニアの方々は思っているのではないでしょうか。実はGmailでも件名は簡単に変更できますのでその方法をご紹介します。【件名を編集します】Gmailに「テストメール」という件名」のメールが届く。これに返信するときは、右上にある返信ボタンの矢印をクリック。すると、返信の文章を書き込むボックスが表示されます。でもここには、件名は表示されておりません。そこで、...

記事を読む

2017-03-30 インターネット
Windows 7パソコンやWindows 10も持っているけど、まだまだメールもインターネットもできるのでWindows XPやVistaも捨てられない、と使っている方もおられるんじゃないでしょうか。特にシニアの方々・・・サポート期間の過ぎたパソコンでメールやインターネットをするのは非常識ですWindowsのOSにはマイクロソフト社が定める「サポート期間」があります。この期間を過ぎてしまうと、ソフトウェアやセキュリティのサポートサービス...

記事を読む

2017-03-29 インターネット
最近はWindows 10 のパソコンを新規に購入されるシニアの方も多くなってきました。ここではそのようなシニアの方の為のガイドとしてメールやインターネットより先にやって欲しいことを書いてみました。このイラストは「市民パソコン塾」さんからお借りしましたリカバリーディスクの作成パソコンを購入した方の多くはNECや富士通、東芝といった国内の有名メーカー製のパソコンが多いようですが、最近では Lenovo や Acer、ASUS とい...

記事を読む

2017-03-18 Gmail
最近身の回りでシニアの方もGmailに乗り換える人が多くなり、アドバイスする機会も結構あるんですが、ぷららアカウントのGmail登録には結構難儀しましたので備忘録として残しておくことにしますぷららアカウントの場合、受信設定は簡単にできるのですが送信設定で試行錯誤し、かなり悩みました。ぷらら側での事前設定が必要になります。【ぷらら側 事前設定】☆ぷららのメール設定・マニュアル☆このページの「ステップ3」で書かれ...

記事を読む

パソコン・インターネットを積極活用するシニア層が狙われている

以前、自分の体験と友人の体験を踏まえて下記のように皆さんに注意を促しました。
シニアの方ご注意!なりすましメールには乗らないよう気をつけてください (2017/03/04)



シニアの方が狙われています。ショートメールでの不正な金銭の請求には気を付けよう (2017/02/27)


詐欺師の侵入を見張ろう 



ところがちょっと過去の記事ですがYOMIURI ONLINEで以下のような記事を発見しましたので紹介をさせていただきます。



ネット詐欺 狙われるシニア ~アダルト関係など相談急増~

ネットを積極的に使う「アクティブシニア」が、ネット詐欺の被害に遭っている。高齢者のうち60歳代では、アダルト詐欺や光ファイバーなどのプロバイダー契約のトラブルが目立つ。家族が高齢者の口座やクレジットカード明細をチェックする必要がある。(ITジャーナリスト・三上洋)

ネットを積極活用するシニアが詐欺被害に




全国の消費生活センターによせられた「60歳代」の相談をまとめたものによりますと、2015年度の第1位は、なんと「アダルト情報サイト」で約1万4千件。第2位に「デジタルコンテンツ(全般)」、第4位に「光ファイバー」、第6位に「他のデジタルコンテンツ」、第8位に「携帯電話サービス」、第10位に「インターネット接続回線」が入っています。




「60歳代」の相談がネット関連のトラブルが上位を占めているのだ。5年前にはなかった傾向であり、この5年で一気にシニア世代のネット関連のトラブル相談が増えたことになる。





これらは時間に余裕のできたアクティブシニアが増加した結果と見られています。今後はさらに高齢者のネット利用が増えるだろうから、国民生活センターでは「アクティブシニアの消費者トラブルは今後も増加していくことが予想されます」との見解を発表しています。





ネットを楽しむのもいいですけど「護身術」も身につけないとね・・・・(^^ゞ




» 記事の続きを読む

シニアでWindowsのパソコンを使っている方。今回Gmailに変更したものの返信メールを送る時に件名変更の方法が分からず悩んでいませんか

  •  投稿日:2017-04-11
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailで返信する時に件名も変えられたら良いのになあ・・とシニアの方々は思っているのではないでしょうか。実はGmailでも件名は簡単に変更できますのでその方法をご紹介します。



【件名を編集します】
Gmailに「テストメール」という件名」のメールが届く。これに返信するときは、右上にある返信ボタンの矢印をクリック。

すると、返信の文章を書き込むボックスが表示されます。でもここには、件名は表示されておりません。そこで、このボックスの左上にある矢印をクリックすると・・・

プルダウンメニューが表示されるので「件名を編集」をクリックして下さい。
新規メール作成画面と同じように別のウィンドウが表示されて「宛先」や「件名」、そして元のメールが含まれた状態で表示されます。

「件名」をもう一度クリックすると件名を編集することができます。

すると編集フォームが現れる。ここに件名が表示されているので、好きな件名に変更すると上部の件名も自動的に変更されています。

これで本文を入力すればOKなんですが、赤枠の部分・・届いたメールの内容を削除するのを忘れないようにして下さい。
自分の送ったメールがそのまま返ってくるのは余り気持ちの良いものではないと思っていますので・・・・・。

※気をつけないといけないのは、スレッド表示を使っている方は件名を編集して返信すると、返信メールと元のメールは同じスレッドにはならないのでご注意下さい。

Windows XPパソコンやVista(ビスタ)が十分動くので、まだメールやインターネットを使っても大丈夫?

Windows 7パソコンやWindows 10も持っているけど、まだまだメールもインターネットもできるのでWindows XPやVistaも捨てられない、と使っている方もおられるんじゃないでしょうか。特にシニアの方々・・・



Windows XP

サポート期間の過ぎたパソコンでメールやインターネットをするのは非常識です


WindowsのOSにはマイクロソフト社が定める「サポート期間」があります。
この期間を過ぎてしまうと、ソフトウェアやセキュリティのサポートサービスが終了するため、インターネットに接続されたパソコンの場合、ウイルスに感染する危険性が非常に大きくなります。



そのパソコンでWordやExcelを使って文書だけを作っているとか、購入したCDで音楽を聴くなどの使い方だけなら全く問題はありませんが、ネットに繋いだり他の人とのUSBのやり取りなどは絶対にしないようにしましょう。



セキュリティ対策ソフトを入れているから大丈夫!と思っていたら大きな間違いで、それだったらマイクロソフト社もMicrosoft Updateなどでサポートせず、セキュリティ対策ソフトだけに力を注げば楽ですよね。



それだけでは解決しないからこそ、アップデートが続けられてきましたし、XPやVistaを切り捨てても、Windows 7,Windows 8.1、Windows 10にはそれが提供され続けるのです。



今後もXPやVistaを使い続けることができるのは、先程も書きましたように、ワープロ専用機などとして使い、ネットやUSBメモリーなどを通じて、外界とのやりとりが一切ないような場合だけです。

シニアの方が新しくパソコンを買ったらメールやインターネットよりこれだけは最初にやっておこう!

最近はWindows 10 のパソコンを新規に購入されるシニアの方も多くなってきました。ここではそのようなシニアの方の為のガイドとしてメールやインターネットより先にやって欲しいことを書いてみました。



パソコン
このイラストは「市民パソコン塾」さんからお借りしました


リカバリーディスクの作成


パソコンを購入した方の多くはNECや富士通、東芝といった国内の有名メーカー製のパソコンが多いようですが、最近では Lenovo や Acer、ASUS といった中国、台湾メーカーのパソコンもコスト的に人気があるようです。


いずれにしてもメーカー製のパソコンの多くは Windows のインストールディスクが付属しておらず、何かトラブルが出た場合にはリカバリーと呼ばれる作業が必要になります。


パソコンに何かしらの不具合やトラブルが起こった場合や、ウィルスなどに感染してしまって OSやソフトが作動しなくなってしまった場合に、OSをパソコン購入時の正常な状態に戻すことによって、トラブルやウィルス感染による被害を克服するのです 。


購入時の状態に戻すということは、今まで保存していたデータやソフトウェアなどもすべてリカバリ処理によって失われてしまいますので、これらのバッグアップを事前に行なう必要があります。


リカバリーが必要な場合に常にハードディスク内にあるリカバリー領域からリカバリーを行えばディスクは必要ありませんが、何らかの理由でハードディスク内にあるリカバリー領域からリカバリー出来なくなる事もありえます。それに備えてリカバリーディスクは必ず作成しておきましょう。必要になるのはDVDで同じDVDでもRやRW/RAM等がありますが殆どのメーカーではDVD-Rを推奨しています。



Windows Update


ネットに繋いだら、すぐに OS のアップデートをしよう。
購入直後のパソコンには弱点があることも頭に入れておこう。


電器屋さんで新品のパソコンを買いました。このパソコンには最新のOSが入っていると思われますか。


そのパソコンが電器屋さんで1週間置かれていたのか、1ヶ月置かれていたのか、極端な場合は倉庫で1年ほど眠っていたパソコンなのかも知れません。


OSは完全なものではなく、後から脆弱性と呼ばれる不具合や欠陥、セキュリティ上の問題点が発見されることがあります。つまり、新品のパソコンでも、製造から時間が経っている場合は、脆弱性がそのまま残っている可能性があるのです。


そのため、買ったままの状態でパソコンを使いはじめると、脆弱性を残したままになり、セキュリティ上のリスクが著しく高い状態で使うことになってしまいます。


このようにOSやソフトに見つかった不具合や欠陥をなくし、最新の状態に更新することをアップデートといいます。Windowsには「Windows Update」という自動更新プログラムがありますので、これを利用してOSを最新の状態に更新します。


Windowsの「更新プログラム」は、緊急の場合を除き、毎月第2週の水曜日に配信されます。ほとんどの場合、既定の状態で自動更新は有効になっていますので、常に最新の状態がキープされるようになっています。


セキュリティ対策ソフトの導入


現在、市販されているセキュリティ対策ソフトは多種多様なものがあります。インターネットで検索したり、パソコンソフトを取り扱っているお店で説明を聞きながら選ぶなど、いろいろな方法がありますが、どれを使用すればいいのか判断できない!という方も多いと思います。実際に、セキュリティ対策ソフトごとに性能や使い勝手に違いがあるのは、紛れもない事実です。


セキュリティ対策ソフトの選び方
しかし、最も重要なのは、ウイルスに対する3つの対策ができているかどうかという点です。
3つの対策とは、ウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォール対策の3つ。
まず、これがしっかりと対策できていて、その上でフィッシング詐欺対策や迷惑メール対策などができているソフトを選ぶ事がポイントです。


ユーザーそれぞれが使っているパソコンの性能が違いますし好みもありますから、通り一遍の情報を鵜呑みにはできません。ですから、絶対にこれがイイとは言えませんが、この3つの対策ができるセキュリティ対策ソフトは、自分でできる最低限の自己防衛だと考えてください。


その上で、使いやすさや、機能、スピード、価格などをそれぞれ比較して、自分にあうものを選びましょう。


その他のソフトのアップデート


OSと同じように、ソフトにも不具合や欠陥、セキュリティ上の問題点が、後から発見されることがあります。つまり、OSと同じように各ソフトもアップデートを行い、最新の状態にする必要があります。


アップデートの方法は各ソフトで異なるのですが、最近のソフトは基本的に起動時に自動でアップデートの有無をチェックして通知してくれるので、指示に従ってアップデートを行いましょう。


面倒くさいと感じるかもしれませんが、大事なパソコンやデータを守るためですので、後回しにせず、通知があったらすぐにアップデートをするようにしましょう。


特に「Java」「Adobe Flash Player」といったブラウザと関連するものは、セキュリティ上の不備があると非常に危険ですので常に最新の状態をキープすることを心がけてください。


WindowsパソコンでメールをGmailに切り替えたが、ぷららアカウントのアドレス登録で手こずった件

  •  投稿日:2017-03-18
  •  カテゴリ:Gmail

最近身の回りでシニアの方もGmailに乗り換える人が多くなり、アドバイスする機会も結構あるんですが、ぷららアカウントのGmail登録には結構難儀しましたので備忘録として残しておくことにします



Gmail


ぷららアカウントの場合、受信設定は簡単にできるのですが送信設定で試行錯誤し、かなり悩みました。ぷらら側での事前設定が必要になります。


【ぷらら側 事前設定】


☆ぷららのメール設定・マニュアル☆

このページの「ステップ3」で書かれている「送受信経路SSL化」の項目の「利用する」をチェックして、「設定」ボタンをクリックしてください。


このページの右側の項目で②で囲まれた項目の下が重要です。
「送受信経路SSL化」
☑「利用する」
□「利用しない」

「利用する」をチェックして、下の方にある「設定」ボタンをクリックします。




【Gメール設定】

基本的には下のサイトをご覧になって貰えれば大丈夫だと思います。
ただ例としては「Yahoo」アカウントで書いているのを「ぷらら」アカウントに変更して貰えればOKです。

☆プロバイダメールをGmailで送受信する☆



受信設定は說明すると却ってややこしくなるかもしれませんので、上記のサイトを参考にして貰えるだけで」大丈夫だと思います(^^ゞ


受信設定が終わると、「このメールアドレスで送信もしますか?」というウィンドウが表示されますので。


「はい」から⇨「次へ」


【ここから送信設定になります。】



差出人名
「名前」に、メール着信相手に表示される名前を入力
「エイリアス」はデフォルトでチェックが入っていますが、詳細を確認の上で、何のことやらわからなければ そのままでOKです。
「次のステップ」をクリック

「SMTPサーバー」に「 secure.plala.or.jp 」を入力
「ポート」に「 465 」 を選択
「ユーザー名」に「@」の右側も含めたメールアドレスを入力
「パスワード」ももちろん入力
「SSL を使用したセキュリティで保護された接続」にチェックを入れる
「変更を保存」 をクリック


ここまでうまくいけば、登録したメールアドレスに対して確認のメールが送信されます。
メール本文にある「リンク」をクリックするか「確認用コード」を入力すれば、完了です。


「Gmailでぷららアカウントのメールアドレスを使用するには・・ぷららのメール設定・マニュアル」でした。


Copyright © シニアのパソコン便利帳メール&インターネットで遊ぼ! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます