パソコン関連色々のカテゴリ記事一覧

パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

スポンサードリンク

カテゴリ:パソコン関連色々

パソコン関連色々のカテゴリ記事一覧。パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

2017-06-22 パソコン関連色々
そろそろ梅雨の時期になりましたね。梅雨が終わると・・そう、あのムシムシした暑い夏がやってきます。人間様、特に我々シニア・高齢者には熱中症が心配な季節なんですが、なんと人間様だけではなく、日頃何気なく使っているパソコンにも熱中症があるんですよぉ。。。知ってました??パソコン歴が比較的浅いシニア層にはノートパソコンを使っている人が多いですね。このノートパソコンの内部には、CPUなど熱に弱いパーツ同士が、...

記事を読む

2017-06-09 パソコン関連色々
買い物には後悔がつきものですね。パソコンのソフトでは『Microsoft Office』(以下、Office)がそれじゃないでしょうか。「Officeはいらないから安く買いたい」という声をシニアの間ではよく聞きます。確かに暇を持て余してパソコンで遊ぶ分にはOfficeは殆どいらないですよねえ。ですからPCを買う時には、Officeを省いて買う人も少なくないと思います。事実ビジネス用途では不可欠なOfficeですが、ユーチューブやサイト巡りなどの...

記事を読む

2017-06-01 パソコン関連色々
パソコンを使っていると、さまざまなメッセージが表示されます。「もう、またでてきたやん、鬱陶しいなあ!」などと内容を読まずに消したりしていませんか。もしかして、脆弱性に対する重大なお知らせを見逃してしまう可能性があるかも分かりませんよ。『通知領域』タスクバーの右端にあり、音量調節やネットワーク、電源の状態などのアイコンが並んで表示されている部分を『通知領域』といいます。この通知領域のアイコンは、アイ...

記事を読む

2017-05-31 パソコン関連色々
デジカメの写真をパソコンに取り込むためにSDカードをパソコンに挿し、写真データをパソコンに取り込みました。終了後そのままSDカードを取り外したのですが、友人には「直接取り外さない方がいいよ」と言われました。なぜですか?直接取り外したからと言って問題ではないのですが、重要な確認事項があります。皆さんがよく使われている「USBフラッシュメモリ」も同じなんですが、「データの読み書き中にSDカードを抜いてしまうとS...

記事を読む

2017-05-28 パソコン関連色々
キーボードのテンキーから数字が入力できなくなるのは殆どの場合「NumLock」キーがオフになってしまったためなのでこれをオンにします。また、テンキーのないキーボードなどでは「文字入力したのに数字になってしまった」などの困った事態に遭遇したことのある方もたくさんおられるんじゃないかと思います。これらの原因も、NumLockというキーが押されたことによって起こる現象です。そんなときに押さなきゃいけないNumLockってな...

記事を読む

2017-05-12 パソコン関連色々
ゴールデンウィークという長期休暇は過ぎましたが一年中が長期休暇(^^ゞというシニア層にとってはインターネットなどを利用する時間がどうしても長くなり、色々なトラブルや被害に遭う可能性が増えてくるんですよね。思わず訪れてしまった悪意のあるサイトで、被害に遭わないためにも普段からのセキュリティ対策は欠かせませんよ。以下のセキュリティー対策を心がけようOSを常に最新のバージョンに更新しておく。パソコンのOSアッ...

記事を読む

2017-05-04 パソコン関連色々
シニアの皆さんは拡張子ってきいた事がありますか?インターネット上でやりとりするファイルやパソコンで使用・作成するファイルは数多くあり、拡張子とはそんなファイルの種類や属性を区別する便利な文字列のことです。拡張子は普段パソコンを利用する上では気にする必要がありません。そのため初期の状態では非表示にされています。拡張子とは皆さんは「拡張子」という言葉をきいたことありますか?。えっ・・知らんて!!(^^ゞ...

記事を読む

2017-05-01 パソコン関連色々
インターネットをやっていると突然ポップアップメニューが表示されて「古いドライバーがたくさんあります」とか「○○個のウィルスが発見されました」などとド派手な画面に驚かされるときがありますね。先日も「パソコンでインターネットをやっていたら古いドライバーがたくさんあるので更新して下さい」というメッセージが頻繁に出てくるんですけど更新しないと駄目なんでしょうか・・」という相談を受けました。そのメッセージを出...

記事を読む

2017-04-26 パソコン関連色々
今や我々シニアと言えども無くてはならないツールになっているパソコンやスマホ。画像や音楽などを「ダウンロード」したりしていますね。またソフトやアプリを「インストール」したりもされていると思います。ただ深く意味は考えずに何気なく使っていると思いますが、この2つの違いを皆さん理解されていますか?今回は、この混同しがちな「ダウンロード」と「インストール」の意味の違いを、改めて調べてみました。「ダウンロード」と...

記事を読む

2017-04-25 パソコン関連色々
シニアでパソコン初心者の方は殆どがマウスでのパソコン操作をされていると思います。今回は、「キーボードショートカットキー」って何?って首をかしげるシニアの皆さん向けの講座です。基本的なショートカットキーでよく使いますから覚えておくと非常に便利ですよ!今回は、多くのアプリケーションで使える代表的な「ショートカットキー」を幾つかご紹介します。マウスを使って選択した文字や選択範囲をコピーをするには、「編集...

記事を読む

どうしてこんなに熱くなるの!?パソコンが熱くなる状態が続くと、動作が不安定になりパソコンが故障する原因にも・・・・

そろそろ梅雨の時期になりましたね。梅雨が終わると・・そう、あのムシムシした暑い夏がやってきます。人間様、特に我々シニア・高齢者には熱中症が心配な季節なんですが、なんと人間様だけではなく、日頃何気なく使っているパソコンにも熱中症があるんですよぉ。。。知ってました??


パソコン歴が比較的浅いシニア層にはノートパソコンを使っている人が多いですね。このノートパソコンの内部には、CPUなど熱に弱いパーツ同士が、内部空間の狭い場所にぎっしりと詰まった状態で入っているため、パソコン内部の温度が上昇しないように、ファンと呼んでいる小さな扇風機がはいっていて、内部温度が上がると自動的に羽が回り、熱を下げようとしているんです。

この季節、長時間パソコンを使っていると急にパソコンの中からブーンと音がして、ふと気が付けば本体が熱くなっていてビックリすることはありませんか?。ブーンという音の原因はこれなんです。パソコンのサイドや裏面にある通風孔などから放熱する仕組みになっています。

どうしてこんなに熱くなるの!?
(まだテラスは暑いわなあ・・・・)

温度が下がるとファンの回転は止まりますが、放熱の許容量以上の温度上昇が続くと、パソコンの動作が不安定になり、エラーが発生したり、まれにプツンと電源が落ちることがあります。これを熱暴走と言います。これがさきほどいいましたパソコンの熱中症とでもいう症状ですね。

この状態をそのまま放置していると、パソコンが故障する原因にもなります。
特に暑い夏は、パソコン内部の温度も上がりやすくなります。頻繁にファンの音が鳴るようでしたら、以下の対処方法を行ってください。簡単ですぐできることだけご紹介します。

涼しい部屋でパソコンを使う


外部の温度が違うだけで、随分と変わります。直射日光が差す場所や、暑くなりやすい部屋で使うのはできるだけ避けましょう。

パソコンの下に隙間を作る


最近のノートパソコンは下側(裏側)から空気を取り入れています。ですから空間を多く取れば流れが良くなりますので、例えば左右に本を置いたりするだけで風通しが断然よくなります。
ただしファンの風が出る通気口は塞がないように気を付けましょう。
※パソコンの通気口…パソコンの横や下に空いている隙間のこと

通気口の手入れ


ホコリが溜まりやすい場所なのでこまめに掃除をするようにして下さい。デスクトップパソコンだとケースを開けての掃除が比較的簡単ですが、ノートパソコンの場合は素人には先ず無理です。
手入れ方法は、掃除機などを使って本体の外側からほこりを吸引しましょう。
見えている場所にホコリがあるなど付着がひどい場合は、ハケや綿棒、などを使ってほこりをかき出しながら掃除機で吸引してください。

パソコンを使う場所


ほこりの多い場所を避け、部屋の掃除もまめにやりましょう。パソコン机の上も清潔に!
そういう意味でも、パソコンはあまり床や地面に直に置いたりしないほうがいいですね。特にベットの上や座布団に乗せて使うのはもってのほかだというのはもうおわかりですね。

パソコンの下に設置する冷却グッズを導入する


最後に・・ちょっとお金をかける気なら、ノートパソコン用に販売されているパソコンの下に設置する形状のファンがあります。ノートパソコンを上に載せるだけで強制的にパソコンを冷やしてくれるので、対策としてはベストかも知れません。

(まとめ)

今まで色々と対策を書いてみました。中には電器屋さんまでわざわざ買いに行かなくてはならないものもありますし、費用対効果を考えると首をかしげたくなるものがあるかも知れません。

お金のかからない対策でもちゃんと使えば効果はあります!。
今使っているパソコンと長くお付き合いするためにも上手に使っていきたいですね!


Officeを買うなら従来のOfficeとOffice365 Solo どっちが得だろう?

買い物には後悔がつきものですね。パソコンのソフトでは『Microsoft Office』(以下、Office)がそれじゃないでしょうか。
「Officeはいらないから安く買いたい」という声をシニアの間ではよく聞きます。確かに暇を持て余してパソコンで遊ぶ分にはOfficeは殆どいらないですよねえ。ですからPCを買う時には、Officeを省いて買う人も少なくないと思います。事実ビジネス用途では不可欠なOfficeですが、ユーチューブやサイト巡りなどの個人用途では使わないことが多いのも事実。Officeを省いて安く買おうとするのも当然ですよね。しかし、初めは不要であっても、何かの拍子に「やっぱりOfficeを付けて買っておけばよかった……」と後悔する場合も無きにしもあらず。そこで『Office 365 Solo』が俄然浮かび上がってきます。


現在市販されている個人向けのOfficeには、プリインストール版のOfficeを除くと、パッケージ版の『Microsoft Office 2013/2016』シリーズと、サブスクリプション版の『Office 365 Solo』があります。パッケージ版のOfficeには、一般的なソフトと同様に買い取り式でやや価格が高い反面、購入後は無期限で利用できます。

Office365 Solo
(セイコーなお店)

それに対し、サブスクリプション版のOffice 365 Soloは、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中だけ利用できるので安価に運用できる。
(注)サブスクリプション版とは、年/月単位の利用権を購入するタイプ

Office365 Solo

パッケージ版のOffice 2016は、最も安価な『Office Personal 2016』が2万9252円で、利用できるOfficeアプリはWord 2016、Excel 2016、Outlook 2016に限られる。それに対しサブスクリプション版のOffice 365 Soloは、Officeシリーズの全アプリが利用できるにもかかわらず、1ヶ月1274円、または1年1万2744円と、圧倒的に安いのにはびっくりです。また契約期間も自由に設定できるし、例えば、使いたい時に1ヶ月間だけ契約し、使用後には契約を解除することもOK!。


しかし、おなじ契約するんやったら1年契約が得ですね。それは、1ヶ月契約よりも料金が断然安いものね。1ヶ月契約で1年間利用したら1万5288円になりますが、1年契約なら1万2744円なので、2544円もお得なんですよ。この価格差はかなり大きいですよねえ。


また、Office 365 Soloにはパッケージ版にはない特典があるんです。まず、マイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービス『OneDrive』の1TB利用権が付いてくる。1TBですよ。Officeのデータはもちろん、その他のデータも自由に保存できるクラウドストレージで、スマホやタブレットと連携すれば、スマホで撮影した写真を自動的にOneDriveに保存して簡単に共有するといった使い方も可能ですね。


OneDriveは通常だと15GBが無料で利用できるのですが、それ以上の容量を使いたい場合は、100GBの追加で1ヶ月あたり190円必要となります。つまり、1TB追加するとなると1900円必要になるんですが、Office 365 Soloの契約だとそれがタダ!で利用できるので、これだけでも十分に元が取れている計算になります。その上に、Skypeの1ヶ月間60分の無料通話権も付いてきます。Skypeをうまく活用すれば電話代も大きく節約できますね。


まだありますよ。例えば従来のOfficeだとバージョンが2018になれば新規に購入しないといけませんが、Office365ですと常に一番新しいバージョンが使えるという利点があります。それにOffice 365 Soloは1つの契約で2台のPCにインストールできるんです。


例えば、ノートPCとタブレットPCを持っている場合でも、双方にOffice 365 Soloをインストールして同時利用できるんです。それにWindowsだけでなくMacでも利用可能になっています。パッケージ版のOfficeも2台のPCまでインストールして利用できるんですが、WindowsとMac双方で利用できる点は、パッケージ版にはないOffice 365 Soloの魅力のひとつやないでしょうか。。


このOffice365は常に一番新しいバージョンが使え、複数台インストールでき、タブレット・スマホにも対応しているなど、使い方によってはとてもオトクなのです。
初めからパソコンに入ってるOfficeは単品で買うとすると、3~5万しますからねえ。悩みますねえ。


ちょっと待って!通知領域のメッセージ、消しちゃう前に読んでみよう

パソコンを使っていると、さまざまなメッセージが表示されます。
「もう、またでてきたやん、鬱陶しいなあ!」などと内容を読まずに消したりしていませんか。もしかして、脆弱性に対する重大なお知らせを見逃してしまう可能性があるかも分かりませんよ。



『通知領域』


タスクバーの右端にあり、音量調節やネットワーク、電源の状態などのアイコンが並んで表示されている部分を『通知領域』といいます。

この通知領域のアイコンは、アイコンの変化や吹き出しのメッセージを使って、電子メールの着信、ネットワークへの接続など、プログラムの状態をリアルタイムでユーザーに知らせてくれます。
パソコンの状態を把握するためにも、 通知領域のメッセージは無視せずに一度確認してみることをおすすめします。

アップデートがウイルス感染の予防になる!
(沈黙)


こんなメッセージが表示されていませんか

『Java』


「Java Update利用可能
Javaの最新版のインストール準備完了。
ここをクリックすると続行します。」

一般的に、メーカー製のパソコンには、殆どインストールされています。
通知領域に表示されたメッセージをクリックし、画面の指示に従い作業を進めることで更新できます。


『Adobe Reader(アドビリーダー)』


「アップデートのインストール準備ができました。
詳しくはここをクリックして下さい。」

上のメッセージは、Adobe Readerのアップデートが提供されていることを知らせてくれています。
PDFファイルは、取扱説明書や調査結果などをインターネット上で公開する際に、利用されることの多いファイル形式です。拡張子は[.pdf]です。
こちらも、メーカー製のパソコンには、あらかじめインストールされていることの多いソフトウェアです。


『アクションセンター』


アクションセンターは、パソコンのセキュリティやメンテナンスの状態を自動で確認し、通知してくれるWindowsの機能です。
セキュリティやメンテナンス状態に問題があった場合は、旗のアイコンが変化したり、吹き出しなどで知らせてくれます。

表示された吹き出し、または通知領域の旗アイコンをクリックすると通知内容を確認できます。
「○個の重要なメッセージ」と書かれた部分をクリックするとアクションセンターが開き、問題のある項目がひと目で確認できます。
表示されている内容をよく確認し、設定を変更しましょう。

パソコンのメンテナンスのためにも、アクションセンターの通知は無視せず、確認してください。


『アップデートがウイルス感染の予防になる!』


アップデートが通知されたソフトウェアは、メッセージの内容に従い、最新の状態へ更新しておきましょう。

通知領域には、パソコンのOSをはじめ、ソフトウェアメーカーから提供されるアップデートには、製品の向上を目的とする更新以外に、見つかった脆弱性に対する修正プログラムが提供されることがあります。
提供されたソフトウェアを更新して、パソコンが攻撃の対象とならないように、予防しましょう。
何れにしても通知領域のメッセージは無視しないようにしましょう。


パソコンにSDカードを挿入して写真データを取り込みました。写真データが入っているSDカードはそのまま抜いてもOKなの?

デジカメの写真をパソコンに取り込むためにSDカードをパソコンに挿し、写真データをパソコンに取り込みました。終了後そのままSDカードを取り外したのですが、友人には「直接取り外さない方がいいよ」と言われました。なぜですか?


直接取り外したからと言って問題ではないのですが、重要な確認事項があります。

皆さんがよく使われている「USBフラッシュメモリ」も同じなんですが、「データの読み書き中にSDカードを抜いてしまうとSDカードのデータを破損させてしまう恐れがある」ということなんです。

つまりSDカードから完全にパソコンへデータが移し終わっていたら大丈夫です。

SDカードと写真データ
(ショッピング)

そこで、データの読み書き中でない事を確認する必要があります。
データの読み書き中でなければ、直接取り外しても問題はありません。

では、データの読み書き中をどう判断するかなのですが、データの読み書き中はパソコンのハードディスクのランプは点滅状態か点灯しっぱなしの状態のはずなので、完全に消えていたらアクセスが終わっているため取り外しても問題はありません。

ただこの判断は慣れていない人にはなかなか難しいので、もっと確実で安全な方法として「ハードウェアの安全な取り外し」という機能が用意されています。


ハードウェアの安全な取り外し


タスクバーの右側に表示されている「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックし、「USB大容量記憶装置デバイスを安全に取り外します」の表示をクリックします。

「ハードウェアの取り外し」というメッセージがでたら、SDカードを抜いてもOKです。


ハードウェアの安全な取り外し、が表示されない


しかしSDカードをパソコンに挿しているのに、タスクバーに「ハードウェアの安全な取り外し」が表示されない場合があります。このような場合は次のようにします。

「コンピューター」から、SDカードのドライブアイコン「(E:)(F:)(G:)」上にマウスポインタを置き、右クリックで「取り出し」を選択します。CDやDVDを取り出す時によくやりますね。あの方法です。

コンピュータからSDドライブアイコンが消えたら、SDカードを抜きます。

安全に取り外したければ、上記作業で取り外しを行うことをお勧めいたします。

お分かりになりましたでしょうか。データの読み書き中でなければそのまま取り外してもOKなんですが、そのあたりの自信がなければあとの2つの方法で取り外しを行なって下さい。

さっきまで正常にテンキーから数字が入力できていたのに、突然入力できなくなった

キーボードのテンキーから数字が入力できなくなるのは殆どの場合「NumLock」キーがオフになってしまったためなのでこれをオンにします。


テンキータイプ

また、テンキーのないキーボードなどでは「文字入力したのに数字になってしまった」などの困った事態に遭遇したことのある方もたくさんおられるんじゃないかと思います。これらの原因も、NumLockというキーが押されたことによって起こる現象です。

キーボードタイプ

そんなときに押さなきゃいけないNumLockってなに?


「文字を打とうとしても数字が打たれてしまう」
「キーを押したら数字が入力されるのですが」


通常のキーボードの一部がテンキーのようになった状態です。


上記のような状態になったら以下の操作を行ってください。


キーボード内の一部のキーで数字が入力されるようになったときの対処方法
NumLockを「Off」にする
上のように数字が入力される状態で、キーボードやタッチパッド回りを確認すると、Num Lockが「On」の状態になっていることを示すインジケーターが点灯した状態になっているはずです。


このインジケーターは、機種によってどこに配置されるのかは異なります。


NumLockを「Off」にするには、NumLockとかNumLkなどと表示されている「NumLock」キーを押してください。
パソコンの種類によっては、「Num Lock」キーが他のキーと兼用になっているために、[Fn]キーと同時に押すことで「Num Lock」キーとしての機能を果たすケースもあります。

NumLockが「Off」になれば先ほど点灯していたインジケーターは消灯されます。


キーボードから文字を入力したときに、数字が表示されるとか、テンキーから数字が入力できなくなったなどいつもと違う動作をしたら、「Num Lock」キーを確認してみてください。



シニアやパソコン初心者が狙われている・・セキュリティ対策は大丈夫ですか

ゴールデンウィークという長期休暇は過ぎましたが一年中が長期休暇(^^ゞというシニア層にとってはインターネットなどを利用する時間がどうしても長くなり、色々なトラブルや被害に遭う可能性が増えてくるんですよね。思わず訪れてしまった悪意のあるサイトで、被害に遭わないためにも普段からのセキュリティ対策は欠かせませんよ。以下のセキュリティー対策を心がけよう




OSを常に最新のバージョンに更新しておく。


パソコンのOSアップデートとは、OSという基本のソフトウェアを最新の状態にすることです。OSアップデートをしていないけど、今のところ特に問題なく使用できているから……と、そのままにしてしまっている人もいるかもしれませんが、油断してはいけません。

OSアップデートされる内容は、不具合(バグ)を直したり、機能の追加や向上をしたりといったことが主になります。OSには「セキュリティホール」という不具合が発生することがあり、これをそのままにしているとパソコンがウイルスに感染してしまったり、悪意のある人に不正アクセスをされてしまったりする恐れがあります。

OSアップデートでは、このセキュリティホールを塞ぎ、外部からの攻撃を防ぐ環境を作るための修正が行われることもあります。いつ自分がそのような脅威に遭うか分からないので、日頃からOSアップデートは実行するように心掛けてください。


ブロードバンドルーターを介してインターネットへ接続する。


なぜルーターを使ったら良いのか・・理由は色々ありますが、最大の効果はブロードバンドルーターのファイアウォール機能によりセキュリティーの向上が期待できるってことだと思います。

まあいわば二段構えのファイアウォールを構築しているんですね。パソコンが一台しかないのにルーターなんて勿体無い!なんて考えないでセキュリティーの利点と天秤にかけて貰ったらよく分かると思います。


ウイルス対策ソフトは最新のパターンファイルに更新する。


パターンファイルを更新しないと、新しいウイルスの情報がパソコンの中にはなく、メールやUSBからウイルスが侵入した場合に、検知されず、感染してしまうことになります。

また、セキュリティ対策ソフトの更新期限が切れたままで使っていると、パターンファイルの更新が行われなくなってしまってウイルス対策ソフトとしての機能が果たせないばかりじゃなく、ただ単にバカ重いだけのソフトが無駄にハードディスクを使っている、という情けない状態になっていますのでこれだけは避けないといけません。


万が一に備えて重要なデータはバックアップを取っておく。


例えば、ウイルスに感染してパソコンが動かなくなったとか、ハードディスクが壊れてメールやデータが見られなくなったなどが起こった場合「しまった!」と思ってももう遅いんです。
そんな不慮の事故が起こった場合に備えてデータなどのバックアップを取るわけですが、WindowsがインストールされていないDドライブや、CD/DVDなどのメディア、外付けハードディスクにバックアップすることをお勧めします。


パソコンのアプリケーションも、最新のバージョンに更新する。


(ブラウザー、メールソフト、インストールしたフリーソフトなど)
マイクロソフトの製品だったらWindowsの更新の際に同時にやってくれますが、サードパーティのソフトの場合は自分でやらないといけません。


悪魔のトリオはこれだ!!


Java、Adobe Acrobat DC、Adobe Flash Playerはパソコンのウイルス感染被害に繋がる原因として最凶最悪の危険物トリオです。
中でもJavaは最悪の元凶なのでJavaを必要としないユーザーならば、パソコンから削除(アンインストール)するのもウイルス対策としてとても有効です。

そもそもJavaとはプログラミング言語の一種であり、Javaにより作成されたアプリケーション及びWebサイト等を動作させるため、Java Runtime 等のようなJavaプログラムをインストールする必要があります。

しかしながらPCを通常範囲で使用するユーザーからすれば、Javaというもの自体が不要な人もたくさんいます。そのため、使っているPCでJavaがインストールされているか否かを把握して現状がインストールされていないのであれば、あえてインストールする必要はありません。

また仮に使っているPCでJavaがインストールされている場合でも一度アンインストールをやってみて、何も差し支えなく使える状態であればJava自体をアンインストールすることをお勧めいたします。

なぜならばJavaはそれ自体、非常に脆弱性を悪用されやすいプログラムであり、セキュリティリスクの高い旧バージョンをインストールしたままにしておくと、そこからマルウェア感染が生じる危険性が非常に高くなります。

またあちこちに偽サイトも横行していますので、騙されないためにも、日頃からプログラムをダウンロードする際は必ず公式サイトからダウンロードすることや、公式サイトのURLを把握しておく(お気に入りなどに保存)ことが非常に重要となるでしょう。

拡張子って何?シニアのためのインターネット・パソコン基礎

シニアの皆さんは拡張子ってきいた事がありますか?インターネット上でやりとりするファイルやパソコンで使用・作成するファイルは数多くあり、拡張子とはそんなファイルの種類や属性を区別する便利な文字列のことです。拡張子は普段パソコンを利用する上では気にする必要がありません。そのため初期の状態では非表示にされています。



拡張子とは


皆さんは「拡張子」という言葉をきいたことありますか?。
えっ・・知らんて!!(^^ゞ


たしかにパソコン初心者・・特にシニアの方ですと、聞きなれない言葉かもしれませんね。でもきっと一度くらいはなんとなく聞いたり目にしたことがあるはずです。ただ、耳に残っていないだけ・・・・(^^ゞ


「拡張子」とはファイル名についている「.」(ピリオド)で区切られた一番右側の部分です。えっファイル名のうしろには何にもないって・・そのパソコンは購入したままの状態でまだ拡張子が表示されていないんですね(^^ゞ


Windowsパソコンでは、初期設定ではファイル名拡張子が画面上に表示されないように設定されているんです。


ただこれは自分たちに見えないだけでパソコンOS(オペレーティングシステム)は内部でちゃんと認識しています。


どうしてかっていうと「どんなファイルなのか」「どのアプリケーションソフトで開くのか」ということをOSが理解・判断できないと困るからです。


ですが、多くの初心者(特にシニアの方)の方はWindowsの画面を見ていて、ファイル名は分かるけれど、拡張子なんてどこについてるの?と不思議に思う方がいるかもしれません。


先ほどでも書いたように、拡張子はWindowsの初期設定では表示させないようになっているのですから当然ですよね。


これは、多分、Windowsを製作したマイクロソフトが、初心者の人に少しでも難しい部分は見せないようにしよう、という心優しい配慮からでしょうが、はっきりいってありがた迷惑です。
私は拡張子の見えないパソコンを見ると何かイライラしてスッキリしません(笑)


で、この拡張子というのは、人が見てファイルの種類がわかるようにファイル名の後ろには、それぞれ下記のような記号がつくようになっているんです。
ファイル名.jpg ファイル名.xlsx ファイル名.gif ファイル名.txt・・・・まあこれ以外に数えきれない程あるんですが・・・・。


いまは表示されていない拡張子ですが拡張子を表示するように選択することもできます。拡張子が表示されてないと、アイコンの絵だけで、それは何のファイルか判断しないといけないし、トラブルが発生した場合なんかは、余計にややこしいことになってしまいます。

特にインターネットからダウンロードを頻繁におこなったりする場合はなおさらですね。ですから初心者の人にとっても、拡張子は表示させる設定にしてあったほうがなにかと便利なはずです。

拡張子の形式


代表的な拡張子をすこしご紹介しますと・・・・
マイクロソフトエクセル .xlsx(エクセル2003までは .xls)
マイクロソフトワード  .docx(ワード2003までは .doc)
アドビシステムズ社のPDF形式のファイル・・・.pdf
【画像】 bmp gif jpg ・・・など
【音楽・動画】 mp3 wav aac ・・・など
【動画】 avi mpg wmv・・・など
【圧縮】 lzs zip・・・など


昔からの習慣で拡張子は、3文字であることが多いのですが最近はそれにこだわらなくなった拡張子も増えてきています(例えばワードやエクセルなどは .docxとか .xlsxになっていますね)
このように、ファイルの種類と拡張子は、切っても切れない関係になっています。


すべての拡張子の種類をおぼえる必要はありませんが、自分やまわりの人がよくつかうファイルの拡張子はおぼえておいたほうが便利でしょう。


ファイルはピリオドで区切って、その後ろに拡張子をつけるという「ファイル名+拡張子」という形で名前をつけるきまりになっています。

ファイル名というのは、そのファイル固有の名前で、拡張子とはそのファイルがどういう種類のファイルかをあらわす文字列です。


先にも書きましたが、Windows では初期設定ではファイル名拡張子が表示されないように設定されていますが、拡張子を表示するよう選択することができます。

Windows 7でファイルの拡張子を表示する方法


*Windows 7のデスクトップ画面を開きます。
*タスクバーから「エクスプローラー」をクリックします。
*ツールタブをクリックし、フォルダーオプション画面を表示します。
*表示タブをクリックします。
*詳細設定画面でスクロールバーを下へおろし、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずす。
*「OK」をクリックします。

Windows10(8.1)でファイルの拡張子を表示する方法


*Windows10のデスクトップ画面を開きます。
*その下の方にあるタスクバー(黒い半透明の帯)から「エクスプローラー」をクリックします。
*表示タブをクリックします。
*表示/非表示エリアにある「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。


Windows10(8.1)はとてもシンプルでわかりやすくなってますね!

これでファイルの拡張子が表示されるようになりました。
パソコンをやり始めたらできるだけ早く拡張子を表示するように設定し、拡張子というものに慣れて欲しいと思っています。

シニアが狙われている!!インターネットで「Windowsドライバーを更新 詳細はここをクリック!」に気をつけよう

インターネットをやっていると突然ポップアップメニューが表示されて「古いドライバーがたくさんあります」とか「○○個のウィルスが発見されました」などとド派手な画面に驚かされるときがありますね。
先日も「パソコンでインターネットをやっていたら古いドライバーがたくさんあるので更新して下さい」というメッセージが頻繁に出てくるんですけど更新しないと駄目なんでしょうか・・」という相談を受けました。



そのメッセージを出すサイトを見せて貰ったんですが・・・・「Microsoft Partner」とは書いてあるものの、かなり胡散臭いですねえ。

Microsoft Partner

ネットで調べてみたところやっぱり胡散臭いサイトでした。あまりのしつこさに負けてつい「更新」をクリックなどしていたらどれだけの被害を受けていたでしょうか。

http://blogs.yahoo.co.jp/fireflyframer/32906344.html

当然わけのわからないドライバーにしろ一応入れたんだからいくらかの金銭の要求はあるでしょうし、どの程度の悪質かはわからないけどマルウェアもついでにインストールされていると思った方が間違いないと思います。

また金銭の要求画面そのものが程度の悪いマルウェアの可能性もありますからね。
被害がなくて本当に良かったです。

かなり以前になりますがここでも取り上げたと思います。下に書いてるようにおかしなリンクはクリックしないように気をつけて下さい。

まあ、かなり認知度が高くなったので(笑)引っかかる人も少なくなったとは思いますが、シニアの方でパソコンを始めて間がない方にとっては要注意です。

お友達などにも教えてあげて下さいね。

お使いのパソコンの性能が低下しています!


http://tohban.blog40.fc2.com/blog-entry-718.html

シニアと言えどもダウンロードとインストールの違いをおぼえよう

今や我々シニアと言えども無くてはならないツールになっているパソコンやスマホ。
画像や音楽などを「ダウンロード」したりしていますね。またソフトやアプリを「インストール」したりもされていると思います。ただ深く意味は考えずに何気なく使っていると思いますが、この2つの違いを皆さん理解されていますか?


今回は、この混同しがちな「ダウンロード」と「インストール」の意味の違いを、改めて調べてみました。

ダウンロード画面

「ダウンロード」と「インストール」の違い

◆ダウンロード


「ダウンロード」とは、インターネット上に置かれてあるファイル(画像、音楽、ソフトウェアなど形式は色々あります)を、自分のパソコンのハードディスクに(コピーして)保存することを言います。


勿論「ダウンロード」に要する時間は、インターネットの回線速度や元ファイルの置かれている環境、それとファイルサイズの大小により変わってきます。
ベテランの方などは「落とす」とか「落としてくる」などという言い方で表されたりもしています。

◆インストール


さて次は「インストール」です。
これは、ソフトウェアをパソコンに「組み込んで」実際に「使えるようにする」一連の作業のことを言います。「使えるようにする」とは言っても全部パソコンがやってくれるので私たちは何もする事はありません。


また「インストール」のことを「セットアップ」と言う場合もあります。呼び方は違っても同じことをするわけなんですが何となく「セットアップ」の方が、わかりやすい表現のような気がします。


関連することなんですが・・・・


CD-Rなどにパッケージされて入っているソフトウェアをパソコンのドライブに入れるとインストーラーなどが立ち上がってソフトウェアを自動で「インストール」してくれますね。この場合などは「ダウンロード」の動作は無くて「インストール」だけなんですね。


また音楽ファイルとか写真ファイルの場合もパソコンに取り込んだ(保存した)あとは対応ソフトで開くと聴いたり見たりできますので「インストール」作業は必要ありません。


いかがでしたか。「ダウンロード」と「インストール」の違いを理解していただけたでしょうか。

シニアでパソコン初心者の方に是非覚えて貰いたい「ショートカットキー」

シニアでパソコン初心者の方は殆どがマウスでのパソコン操作をされていると思います。
今回は、「キーボードショートカットキー」って何?って首をかしげるシニアの皆さん向けの講座です。基本的なショートカットキーでよく使いますから覚えておくと非常に便利ですよ!



ノートパソコンのキーボード

今回は、多くのアプリケーションで使える代表的な「ショートカットキー」を幾つかご紹介します。

マウスを使って選択した文字や選択範囲をコピーをするには、「編集」メニューをクリックから「コピー」を選択したり
マウスの右クリックから表示されるショートカットメニューから「コピー」という操作方法が一般的です。
このような方法よりも、ほんの少しでも操作が早くなれば効率は上がるものです。そこで、コピーのショートカットキーのご紹介です。


有名なショートカットキーなのでご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・

「コピー」のショートカットキー


—————
Ctrlキー+ C
—————
これでコピーが完了です
コピーは選択範囲した部分が残ります。


「切り取り」のショートカットキー


—————
Ctrlキー+X
—————
これで切り取り完了です。
切り取りは文字通り選択範囲した部分が切り取られます。


「貼り付け」のショートカットキー


コピーをしたらその次に行う操作といえばもちろん貼り付けです!

——————
Ctrlキー+V
——————
これで貼り付け完了です。
コピーした部分や切り取りした部分が貼り付けられます。


コピーはCtrl+C
切り取りはCtrl+X
貼り付けはCtrl+V


ここまでOKですね。
それではあと2つ覚えて下さい。

「全てを選択」のショートカットキー


—————
Ctrlキー+A
—————
WordやExcelなどの全ページを選択。
あるいはフォルダの中の全てのファイルを選択など。

使い方としては
コピーはCtrl+C
貼り付けはCtrl+V
つまり全てを選択して、コピーするのか、貼り付けるのか、という作業になります。


「保存」のショートカットキー


—————
Ctrlキー+S
—————
「編集」や「ファイル」といったメニューまでマウスを持っていかなくても簡単に保存作業をしてくれます。


いかがでしたでしょうか!


ここまで覚えてくれましたか。。。。これだけ覚えるだけでコピー作業や切り取り作業は
本当に楽にできるようになり、WordやExcelのスピードはかなり向上しますよ。はい、保証します(笑)

これらのショートカットキーは、WordだけでなくExcelでもメールなどでも使用できますし、それ以外のパソコン上の操作でも基本的に使用することができますのでどんどん使って下さいね。

Copyright © シニアのパソコンとインターネット All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます