2017年01月の記事一覧

パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

スポンサードリンク

月別アーカイブ:2017年01月

2017年01月の記事一覧。パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

2017-01-21 Gmail
休暇中で旅行などに出かけている場合やインターネットに接続できない場所にいるときなどは、シニア層でも簡単にできる不在通知を設定すると、すぐには返信できないことを自動的に相手に通知することができます。メールを受信すると自動返信の設定で記載した内容のメールを相手に送信します。Gmailで不在通知を設定する方法Gmail を開きます。右上にある「設定アイコン」から次へ「設定」をクリックします。「設定」画面の「全般」...

記事を読む

2017-01-20 Gmail
Gmail は大変便利なのですが、標準のメール表示では「スレッド表示」という形式が設定されており、今まで使ってきたパソコンのメールソフトから移行してきた方・・特にシニア層の方々・・にとっては不慣れで使いにくいというご意見が多数あるようです。ではこの「スレッド表示」とはどのようなものかというと、「同じ相手とやり取りをしているメールはひとつのスレッド(グループ)にまとめてリスト表示する」つまり関連する記事を...

記事を読む

2017-01-19 Gmail
Google の中でも Gmail は素晴らしいサービスだと思いますが連絡先機能がややこしいですね。と言うより貧弱と言ったほうが当たっている感じでした。この連絡先ですが、並び順が漢字入力でもふりがなを入力しても「アイウエオ」順にならないので悩んでいる方も多いのではないでしょうか。「よく使う連絡先」は文字通りメールのやり取りが多い人から並んでいますが、「全ての連絡先」や「グループ」の連絡先などは「アイウエオ」順に...

記事を読む

2017-01-18 Gmail
Gmailの「送信取り消し」 機能を有効にすると、うっかり送信したメールを送信後すぐに取り消すことができます。まさにシニア必携の機能だと思います。Gmailの「うっかり送信の取り消し機能」の有効化の設定方法パソコンで Gmail を開き、右上の歯車マーク(設定ボタン)をクリックし、出てきたメニューから「設定」をクリックします。「全般タブ」の真ん中あたりに「送信取り消し」項目があり、「送信取り消し機能を有効にする」の...

記事を読む

2017-01-17 Gmail
Gmailは初期の状態ですと、メールを送信するときの差出人(自分)の名前がGoogleアカウントの登録名になっています。Gmailから送ったメールに表示される名前・・・・変更したいと思った時ありませんか?名前の変更パソコンで Gmail を開きます。右上にある設定アイコン をクリックします。「設定」 をクリックします。「アカウントとインポート」 タブをクリックします。「名前」 セクションで 「情報を編集」 をクリックします。...

記事を読む

2017-01-16 Gmail
Gmailの使い方として、受信した Gmail をそのまま返信すると、相手からのメール文が下の方に残ったまま相手に送信されてしまいます。相手の方が気にしない方ですと良いですが、そうでなくても自分の送ったメールが引っ付いて戻ってくるというのも余り嬉しくは無いですね。「返信」をクリックして返信用文章を打ち込むフォームの左下に「・・・」というボタンがあります。そこにカーソルをあてると「短縮されたコンテンツを表示する...

記事を読む

2017-01-15 Gmail
Gmailに他のメールソフトに登録している連絡先を取り込むことが可能で、逆に連絡先を書きだすこともできます。今までメインで使用していたメールソフトに登録しているメールアドレスをGmailに一つづつ登録していくのは面倒ですよね。そのときはインポート・エクスポート機能を使えば簡単に登録できて便利です。「Liveメール 2012」 アドレス帳をエクスポート「Windows Liveメール」を起動します。「Windows Liveメール」が起動した...

記事を読む

2017-01-14 Gmail
Gmail以外のメールアカウントを、Gmailで同様に扱うことができます。他のパソコンで使っていたプロバイダメールなどをGmailに集約して使いやすくしてみましょう。Gmailだけではなく、プロバイダメールもGmailに集約しよう「設定ボタン」から「設定」へメール画面右端の歯車ボタンをクリックして設定に入ります。「アカウントとインポート」設定画面に入ったら「アカウントとインポート」タブをクリック「メールアカウントを追加す...

記事を読む

2017-01-13 Gmail
Gmail(Gメール) では書きかけのメールを一時的に保存したり、作成した文書などを下書きとして保存しておくことが可能です。Gmail では、数分ごとに自動で保存されるため、作成中のメッセージを失う心配はありません。[新規メール作成画面を表示]Gmail 画面左側にある[メールを作成]ボタンをクリックして[新規メール作成画面]を表示します。新規でメールを作成する時にはどのアドレスでメールを送るのかを指定しなければデフ...

記事を読む

No Image

2017-01-09 メール
1ヶ月前に「Windows Liveメール2012のサポート終了まで1ヶ月」というのを書いたのですが、とうとう明日になってしまいましたね。今からでも遅くはありません。サポートの無い危険な Windows Liveメール をきっぱり諦めて Gmail に移行しませんか皆さん、準備できていますか。「Windows Essentials 2012」と言っても、フォトギャラリー、ムービーメーカー、その他色々あるのですが、特にメールソフトの Windows Liveメール の影響が...

記事を読む

旅行などで不在している時の自動返信がGmailだとシニアでも簡単に設定できる

  •  投稿日:2017-01-21
  •  カテゴリ:Gmail

休暇中で旅行などに出かけている場合やインターネットに接続できない場所にいるときなどは、シニア層でも簡単にできる不在通知を設定すると、すぐには返信できないことを自動的に相手に通知することができます。



メールを受信すると自動返信の設定で記載した内容のメールを相手に送信します。

Gmailで不在通知を設定する方法


Gmail を開きます。
右上にある「設定アイコン」から次へ「設定」をクリックします。
Gmail2-thread.png


「設定」画面の「全般」タブのところで殆ど最下部の「不在通知」までスクロールします。
Gmail2_fuzai.png


「不在通知 ON」を選択します。
Gmail3_fuzai.png


開始日、終了日、件名、メッセージを入力します。
Gmail4_fuzai.png


連絡先リストのメンバーにのみ不在通知を送信する場合は、メッセージの下にある「連絡先リストのメンバーにのみ返信する」チェックボックスをオンにします。
Gmail6_fuzai.png


ぺージ下部にある「変更を保存」をクリックします。
Gmail7_fuzai.png


不在通知をオフにする

不在通知をオフにするには、「不在通知 OFF」ボタンをクリックし、ページ下部にある「変更を保存」をクリックします。
Gmail8_fuzai.png

 カテゴリ

Gmailでメールのスレッド表示を解除する方法・・シニア必携!

  •  投稿日:2017-01-20
  •  カテゴリ:Gmail

Gmail は大変便利なのですが、標準のメール表示では「スレッド表示」という形式が設定されており、今まで使ってきたパソコンのメールソフトから移行してきた方・・特にシニア層の方々・・にとっては不慣れで使いにくいというご意見が多数あるようです。




ではこの「スレッド表示」とはどのようなものかというと、「同じ相手とやり取りをしているメールはひとつのスレッド(グループ)にまとめてリスト表示する」つまり関連する記事をひとまとめにしてくれるので話題の流れがよく分かる便利な機能です。
Gmail1-thread.png


但し、その人の使い方次第では非常にありがた迷惑な設定になっているのも事実です。

オフに設定をするとスレッドが解除され普通のメールソフトのように時系列に並ぶようになります。
他メールソフトなどから Gmail に移行された方にとっては、慣れるまではオフに設定した方が使いやすく感じると思います。

Gmailでメールのスレッド表示を解除する方法


「設定ボタン」から「設定」をクリック
Gmail2-thread.png


「スレッド表示」が「ON」になっているので「OFF」をクリック
Gmail3-thread.png


「変更の保存」を忘れないようにして下さい。
Gmail4-thread.png

これで Gmail が使い慣れたメールソフトに一歩近づいたのでは無いでしょうか。

Gmail・・これでやっと「連絡先」機能が使いものになる・・シニア必携!

  •  投稿日:2017-01-19
  •  カテゴリ:Gmail
Google の中でも Gmail は素晴らしいサービスだと思いますが連絡先機能がややこしいですね。と言うより貧弱と言ったほうが当たっている感じでした。

この連絡先ですが、並び順が漢字入力でもふりがなを入力しても「アイウエオ」順にならないので悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

「よく使う連絡先」は文字通りメールのやり取りが多い人から並んでいますが、「全ての連絡先」や「グループ」の連絡先などは「アイウエオ」順に並び替える事ができるんです。

Gmailの「連絡先」を「アイウエオ」順に並び替える


「連絡先」は通常このように並んでしまいます。
Gmail_1renrakusaki.png


鉛筆みたいなアイコンをクリックして「連絡先」を編集します。
Gmail_2renrakusaki.png


「連絡先を編集」画面になりました。画面の下にある「すべての欄を表示」をクリックします。
Gmail_3renrakusaki.png


「連絡先を編集」画面が大きくなり、細かい部分の入力が可能になりました。
Gmail_4renrakusaki.png


「フリガナ(姓)を追加」の「フ」の前にマウスポインタを持ってきてクリックすると、フリガナを入力できる状態になります。
Gmail_5renrakusaki.png


「ふりがな」ではなく「カタカナ」で「姓」を入力し保存をクリック。
Gmail_6renrakusaki.png


矢印をクリックすると「連絡先一覧画面」に戻ります。
Gmail_7renrakusaki.png


他の連絡先も同様に全てやりますと「アイウエオ」順に並び替えが出来ています。
Gmail_8renrakusaki.png

如何でしたでしょうか。これでシニアの皆さんも悩まずに済むんじゃないでしょうか。


Gmailのうっかり送信したメールを取り消す方法・・シニア必携

  •  投稿日:2017-01-18
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailの「送信取り消し」 機能を有効にすると、うっかり送信したメールを送信後すぐに取り消すことができます。まさにシニア必携の機能だと思います。



Gmailの「うっかり送信の取り消し機能」の有効化の設定方法


パソコンで Gmail を開き、右上の歯車マーク(設定ボタン)をクリックし、出てきたメニューから「設定」をクリックします。
Gmail1_14h53_24.png


「全般タブ」の真ん中あたりに「送信取り消し」項目があり、「送信取り消し機能を有効にする」の「チェックボックス」をオンにします。


「取り消せる時間」 に、メールの取り消しを決定するまでの秒数を設定します。また、取り消せる時間は、5秒、10秒、20秒、30秒の中から選ぶようになっています。
Gmail2_14h59_06.png


設定が終わったら、ページ下部にある 「変更を保存」 をクリックします。
Gmail3_15h05_49.png


メールを送信した後、「メッセージを送信しました」 というメッセージの横に、「取消」 と 「メッセージを表示」 の選択肢が表示されます。
「取消」 をクリックします。
Gmail5_15h14_31.png


実際にテストメールを作って送信し、送信の取り消しをするととこんな画面が表示されます。
Gmail6_15h23_44.png


「送信を取り消しました」の画面が消えると、先程のメールの作成画面に戻っています。
Gmail7_15h26_01.png

確かにメールの送信が取り消せました!!

Gmailで差出人(送信者)の名前を変更する方法

  •  投稿日:2017-01-17
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailは初期の状態ですと、メールを送信するときの差出人(自分)の名前がGoogleアカウントの登録名になっています。Gmailから送ったメールに表示される名前・・・・変更したいと思った時ありませんか?



名前の変更
パソコンで Gmail を開きます。
右上にある設定アイコン をクリックします。
「設定」 をクリックします。
「アカウントとインポート」 タブをクリックします。
「名前」 セクションで 「情報を編集」 をクリックします。
送信メールに表示する名前を入力します。

簡単に書けば以上なんですが・・(^^ゞ もうちょっと詳しく説明しますね。

差出人名を変更する手順
Gmailにログインしておきます。

「設定」をクリックします。
歯車アイコンをクリックすると、下図のようなメニューが表示されますので、その中から「設定」というところをクリックしていきましょう。
「設定ボタン」から「設定」へ
Gmail-1.png

設定画面に入ったらアカウントとインポートの画面を開きます。
Gmail-2.png


アカウントとインポートの画面が開くと、「名前」という項目の右側に変更したいアカウント名がありますので、その右にある「情報を編集」というところをクリックします。
Gmail-2017-01-17_09h39_48.png


「メールアドレスの編集」という新しい画面が立ち上がってきますので名前欄に変更したい名前を入力後、「次のステップ」をクリックします。
Gmail-2017-01-17_09h52_08.png


「変更を保存」をクリックしたらこれで完了です。
Gmail-2017-01-17_10h11_22.png


念のため、もう一度戻って、ちゃんと送信者名が変更されているか確認しておきましょう。
Gmail-2017-01-17_10h13_34.png


受信したGmailをそのまま返信すると、相手からのメールが残ったまま送信されてしまいます

  •  投稿日:2017-01-16
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailの使い方として、受信した Gmail をそのまま返信すると、相手からのメール文が下の方に残ったまま相手に送信されてしまいます。



Gmail-inyou-1.png


相手の方が気にしない方ですと良いですが、そうでなくても自分の送ったメールが引っ付いて戻ってくるというのも余り嬉しくは無いですね。


「返信」をクリックして返信用文章を打ち込むフォームの左下に「・・・」というボタンがあります。

Gmail-inyou-2.png

Gmail-inyou-3.png


そこにカーソルをあてると「短縮されたコンテンツを表示する」と説明がでます。
その部分をクリックすると相手メールの引用文がでるので、それを選択して削除してから本文を書くようにしましょう。

Gmail-inyou-4.png

選択した相手メールの引用文を削除します。


Gmail-inyou-5.png

これでメール作成に入って下さい。

Gmailの使い方 今まで使っていたメールソフトの連絡先をインポート&エクスポート

  •  投稿日:2017-01-15
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailに他のメールソフトに登録している連絡先を取り込むことが可能で、逆に連絡先を書きだすこともできます。



今までメインで使用していたメールソフトに登録しているメールアドレスをGmailに一つづつ登録していくのは面倒ですよね。
そのときはインポート・エクスポート機能を使えば簡単に登録できて便利です。

「Liveメール 2012」 アドレス帳をエクスポート

「Windows Liveメール」を起動します。
「Windows Liveメール」が起動したら、「ホーム」タブをクリックし、画面左下の「アドレス帳」をクリックします。
Gmail-add-1.png

「アドレス帳」画面が表示されるので、「エクスポート」をクリックして、「カンマ区切り (.CSV)」を選択します。
Gmail-add-3.png

ここでは、デスクトップにアドレス帳を保存します。
「名前を付けて保存」画面が表示されるので、画面左側の「デスクトップ」をクリックします。
「ファイル名」欄に任意の名前を入力し、「保存」ボタンをクリックします。
Gmail-add-4.png

Gmail-add-5.png

Gmail-add-7.png

「エクスポート先のファイル名」欄に任意の保存先が表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
Gmail-add-8.png

エクスポートするフィールドを選択してください」と表示されるので、エクスポートしたい項目にチェックをつけ、「完了」ボタンをクリックします。ここではすべてのフィールドにチェックを入れたほうが良いと思います。
Gmail-add-9.png

「エクスポート中」と表示されます。早くて一瞬で終わり見えないかも知れません。
Gmail-add-10.gif

「エクスポート」が終われば第一段階の操作は完了です。
Gmail-add-11.png


Google コンタクトに CSV ファイルを読み込む

先程取り込んだWindows Liveメールアドレス帳からエクスポートした.CSV ファイルをGmailにインポートします。
「Gmail」を立ち上げます。
Gmail-add-12.png

「連絡先」を起動します。
Gmail-add-13.png

CSV ファイルを読み込む前に、旧バージョンの 「Google コンタクト」に移動します。
下のリンクをクリックしてください。
https://www.google.com/contacts/u/0/?cplus=0#contacts

旧バージョンに変わりました。
Gmail-add-14.png

画面の左上にある「その他」 次へ「インポート」 をクリックします。
Gmail-add-15.png

「ファイルを選択」 をクリックします。
Gmail-add-16.png

「デスクトップ」に置いてある「CSV ファイル」を選択し、ファイル名のところに入力できたのを確認したら、開くをクリックします。
Gmail-add-17.png

「ファイル名」選択のところに先程の「CSVファイル」が書き込まれているのを確認したら「インポート」 をクリックします。
Gmail-add-18.png

今まで使っていたインターネットプロバイダのメールをGmailに取り込んで送受信する方法

  •  投稿日:2017-01-14
  •  カテゴリ:Gmail

Gmail以外のメールアカウントを、Gmailで同様に扱うことができます。他のパソコンで使っていたプロバイダメールなどをGmailに集約して使いやすくしてみましょう。



Gmailだけではなく、プロバイダメールもGmailに集約しよう


「設定ボタン」から「設定」へ
メール画面右端の歯車ボタンをクリックして設定に入ります。
Gmail-1.png

「アカウントとインポート」
設定画面に入ったら「アカウントとインポート」タブをクリック
Gmail-2.png

「メールアカウントを追加する」
他のアカウントでメールを確認と書かれているグループの「メールアカウントを追加する」をクリック
Gmail-3.png

メールアドレスを入力
間違わないためには、手で入力せず、コピーして貼り付けましょう。
Gmail-4.png

メールアカウントの追加
「他のアカウントからメールを読み込む」にチェックを入れ「次へ」ボタンへ。
Gmail-5.png

メール設定を入力する
入力するところはできるだけ手で入力せず、コピーして貼り付けましょう。
「アカウントの追加」をクリックした時にエラーが出た場合は、ユーザー名、パスワード、POPサーバー名、ポート番号などが間違っていないか確認してください。
Gmail-6.png

受信設定完了画面
前項で受信の設定は終わりです(エラーが出なければ・・・・)。
続いて送信の設定に入ります。
「はい」が選択されているのを確認して「次へ」
Gmail-7.png

差出人名
この名前が送信する時の差出人名となります。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れる。
「次のステップ」へ
Gmail-8.png

送信設定の入力
サーバー名やユーザー名が間違ってないか確認のこと。
パスワードは手動入力なので特に気をつける。
「アカウントの追加」をクリックした時にエラーが出た場合は、SMTPサーバー名、ユーザー名、パスワード、ポート番号などが間違っていないか確認してください。またSSLで駄目だったらTLSに変更するなどやってみて下さい。
Gmail-9.png

確認コードの送信
既にPOP3での受信は完了しているのでGmailに確認のメールが届きます。すぐに届く筈ですが、設定直後で若干時間がかかることがあるので暫く待ってみましょう。
Gmail-10.png

メールの確認
Gメールの場合だと設定しているメールアドレス(左側の下の方)をクリックすると
「Gmailチーム」からメールが来ているのでそれを開きます。
Gmail-11.png

確認コードを選択してコピー
「Gmailチーム」からの確認コードを選択してコピーします。
Gmail-12.png

確認コードを貼り付ける
コピーした確認コードを空白の場所に貼り付け、確認ボタンを押します。

一応設定はこれで終了ですがこのあとは確認に入ります。
Gmail-13.png

「名前」欄にメールアドレスがあるのを確認
メインで使用するメールアドレスを「デフォルトに設定」しておくと、メールごとのFromを変更しないかぎり、そのアドレスから送信されるので便利です。
Gmail-14.png

「他のアカウントでメールを確認」
「他のアカウントでメールを確認」欄でもメールアドレスがあるのを確認
Gmail-15.png

返信モードの確認
「デフォルトの返信モードを選択」で「メールを受信したアドレスから返信する」にチェックを入れる。
返信は受け取ったアドレス各々から送信したほうがいろいろと便利なので、こちらに変更しておきます。
Gmail-16.png

以上で設定は終了です。

Gmail(Gメール)を使っていてメールを書くのを中断するには・・・・下書き

  •  投稿日:2017-01-13
  •  カテゴリ:Gmail

Gmail(Gメール) では書きかけのメールを一時的に保存したり、作成した文書などを下書きとして保存しておくことが可能です。Gmail では、数分ごとに自動で保存されるため、作成中のメッセージを失う心配はありません。




[新規メール作成画面を表示]
Gmail 画面左側にある[メールを作成]ボタンをクリックして[新規メール作成画面]を表示します。

下書き-1


新規でメールを作成する時にはどのアドレスでメールを送るのかを指定しなければデフォルトのアドレスで作成されてしまいます。
返信の場合は届いたメールで返信されます。(変更も可能)

下書き-2


[自動的に下書きに保存]
From(自分のメールアドレス)、 To(宛先)、件名、本文など各項目に入力後もしくは入力途中に、自動的に下書きに保存されます。

下書き-3


[下書きに保存完了]
サイドバー「下書き」に保存が完了されました。
ここで一旦終了しても再開した時に下書きのメールをクリックすることで再編集することが可能です。

下書き-4


[下書きの削除]
メールの送信が終わると下書きは自動的に削除されますが、書きかけ途中のメールが不要になった時には、下書きにチェックを入れると「下書きを破棄」という項目が現れてくるのでその「下書きを破棄」をクリックすると下書きが削除されます。

下書き-5

Gmailに切り替えよう!!Windows Essentials 2012のサポートがいよいよ終了!!

  •  投稿日:2017-01-09
  •  カテゴリ:メール
1ヶ月前に「Windows Liveメール2012のサポート終了まで1ヶ月」というのを書いたのですが、とうとう明日になってしまいましたね。

今からでも遅くはありません。サポートの無い危険な Windows Liveメール をきっぱり諦めて Gmail に移行しませんか


皆さん、準備できていますか。「Windows Essentials 2012」と言っても、フォトギャラリー、ムービーメーカー、その他色々あるのですが、特にメールソフトの Windows Liveメール の影響が一番大きいと思います。


Windows Liveメール から他のソフトに移行するにあたっては、アウトルック か サンダーバード で大いに悩み、安定感などでどうやら サンダーバード に傾きかけた頃に サンダーバード は既に開発が止まっている、という衝撃的な情報を耳にしたので サンダーバード の線は無くなりました。


残るは アウトルック なんですが、Officeを購入しないといけないソフトだし、機能も結構複雑な上、今まで文字化けのメールを散々貰った経験もあるのでこれもアウト。


結局選んだのは Webメール の Gmail でした。Webメールの良いところはマシンを変えてもすぐに使えるという便利さですね。

メールソフトのようにマシンを買い替えた時に、アドレス帳を取り込んだり、POPがどうとかSMTPがどうとかというややこしい自分自身の設定をしなくても使える、また他人のパソコンを借りて自分のメールが使えるっていう便利さ・・・・どうしてもっと早く気が付かなかったんだろう、と今になって悔やんでいます。


今からでも遅くはありません。サポートの無い危険な Windows Liveメール をきっぱり諦めて Gmail に移行しませんか。



Copyright © シニアのパソコンとインターネット All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます