パソコンを使ってインターネットでのメールの送受信はテキスト形式が安全ですよ



《HTML形式のメールとは》
Windowsパソコンを使っている方のほとんどが利用している、と思われるメールソフトの 「Windows Liveメール」では初期設定(デフォルト)だと、「HTML形式のメール」で送受信する設定になっています。

htmlメール


「HTML 形式のメール」とは、文字に色を付けたり、装飾したり、また画像の貼り付け、など豊かな表現ができるメールなので使って楽しく、見栄えも良いといった利点がありますが、開いただけでウィルスに感染させられたり、興味のありそうな画像にリンクを貼って怪しいサイトへ誘導しやすくすることが出来てしまうという危険性をも持ち合わせています。


受けとる側によっては、マナー違反と判断し読まずに削除してしまう事もあるようです。
承諾を得ている場合を除き、重要なメールや初めての相手に送る際には、テキスト形式で送信することをお勧めします。



《テキスト形式のメールとは》
対して「テキスト形式のメール」とは文字通り、テキスト(文字)のみで構成されたシンプルなメールで、文字だけで要件を相手に伝える方法です。

textメール


メールの本文中に図や画像などを挿入したりすることはできませんが、添付ファイルとして送ることは可能です。



文字だけで要件が済むのなら、テキストメールのみの送受信に設定すべきです。

《送受信をテキスト形式に変更》
1.「Liveメールボタン」をクリック
2.「オプション」までマウスポインタを持っていく
3.サブメニューの「メール」をクリック

メールオプションが表示される


メールオプション

4.「読み取り」タブをクリック
5.「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを入れる

読み取り

6.「送信」タブをクリック
7.下の「送信」のところで、「受信したメッセージと同じ形式 で返信する」のチェックを外します
8.「メール送信の形式」で「テキスト形式」にチェックを入れる

テキスト形式

9.最後に必ず「OK」ボタンを押すのを忘れないこと


OKボタン

またごく少数ですが、「テキスト形式メール」しか受信できないメーラー(メールソフト)を使っている方もいるので、送信相手がどのようなメールソフトを使っているのか知っておくのも重要です。


初めてメールを送る相手には「テキスト形式のメール」で送るなどの気配りも必要ですね。


シニアが撮った「亀の集団」の写真


「亀の上陸作戦」
池の亀が甲羅干しのため一斉に上陸作戦を決行しています。

上陸作戦
関連記事