タイトル通りなんですが、Windows Liveメール2012 のサポート終了まで1ヶ月を切りました。
もっと厳密に言えば Windows Essentials 2012 のサポートが終了します。
つまりそれ以降はセキュリティホールが見つかっても対策のアップデートはされないということになります。

この中には Windows Liveメール、フォトギャラリー、ムービーメーカー その他色々の各ソフトで構成されているんですが、やはり一番影響の大きいのは Windows Liveメール です。

勿論マイクロソフトのサポートが終了しても使えないことはありません。今まで通り十分使えます。しかし何が起ころうともマイクロソフトは責任を取ってくれません。あくまで自己責任・・。

しかしパソコンでもランサムウェアでの被害拡大が話題になっていたりするだけに敢えて「安全なソフト」ではなくなるものを使い続けるのもどうかと思います。

残り1ヶ月を切ったんですよ。
Outlook、Thunderbird、Gmail、Yahooメール。手っ取り早いのはこの辺りかな。

いずれにしてもそろそろ決断をしましょうね。

関連記事