署名はビジネスメールには勿論必要ですが、たとえシニアと呼ばれるようになってもパソコンでメールを送るからには署名はある方が絶対良いですよね。



Gmailでも署名を付けることができますから、プライベートでGmailを使っている場合でも必ず署名を入れるようにしましょう。
Gmailでメールの末尾に署名が挿入されるように設定する手順を解説します。


Gmailで署名を作成する手順


Gmailにログインし、画面右上の「歯車」のアイコンをクリック。
「サブメニュー」が表示されるので「設定」をクリック。
Gmail2-thread.png

「全般」をクリックした後、「署名なし」の下のオプションボタンをクリックします。
下のボックスに署名を入力します。

複数のメールアドレスを登録している時は、「署名なし」の下にボックスが現れるので、チェックボタンをクリックしてメールアドレスを選択し、下のボックスに署名を入力します。
Gmail-syomei.png


画面を一番下までスクロールして、「変更を保存」をクリックします。
Gmail4_fontsize.png

署名は、アイデア次第で様々なパターンが可能です。ネットには色々な署名のテンプレートサイトがありますので参考にしてみて下さい。

関連記事