「転送」は、受信したメールを他のメールアドレスに送る機能
Gmailで受信したメールは、メール本文の下部で直接編集でき、他のメールアドレスに転送を行うことが可能です。また「転送」とは、受信したメールを他のメールアドレスに送る機能のことを言います。


転送したいメールの本文を表示する


Gmailで他の人に転送
(秘密のドア)

Gmail のスレッド一覧画面から転送をしたいメールを選択してメッセージ詳細を表示する。
転送するメール

転送画面を表示する


返信ボタンの右側の[▼]をクリックして表示されるプルダウンメニューから[転送→]を選択するか、または『メールの本文下にある「返信」または「転送」するにはのリンクをクリックする』ですがプルダウンメニューを使うほうが早いと思います。
転送の設定

転送先のメールアドレスを入力


メール本文の下に、転送先のアドレスと件名、転送文の入力ボックスが表示されます。

To:(宛先)に転送したいメールアドレスを入力します。件名は「Fwd:(元の件名)」となりますので、変更したい場合は編集します。
あとは必要に応じて本文を入力し、[送信]をクリックします。

また、転送をするときは冒頭に次のような前置きを入れるようにしましょう。
[○○さんから頂いたメールです。]
[参考になると思いますので、転送いたします。]

但し、転送する文章は、編集・加工しないのが暗黙の条件になっています。
メールアドレスを入力

メールの転送完了


正常に転送が完了すると[メッセージを送信しました。]と表示されます。

Gmail で一度メールを送信・返信・転送すると、そのメールアドレスは自動的に登録され、次回メールアドレスを入力するときに宛先候補が表示されるようになります。

一度メールをやり取りすれば、メールアドレスを探す必要がなくなります。


関連記事