前回はユーチューブに投稿するための画像サイズの決め方について投稿しましたが、今回はその画像を使ってユーチューブ投稿動画ができているものと仮定し、ユーチューブに投稿する方法を書いてみたいと思います。


何はともあれ Google にログインしないと始まりません


動画をアップロードする前に、Google アカウントにログインしておきましょう。
Google アカウントにログイン

続いてユーチューブにもログインします。
ユーチューブにログイン


動画をアップロードしよう


ログインしたら、画面右上の「アップロード」をクリック。
アップロード

アップロード画面が表示されます。
アップロード画面

「公開」と書かれたボタンがあるので三角印をクリックして、とりあえずは「非公開」で進めて行きたいと思います。すぐに「公開」する場合でも始めは必ず「非公開」に変更しておくと安全です。ここは後から変更することも可能です。
非公開

「アップロードするファイルを選択」を選択、または動画ファイルをドラッグ&ドロップします
ファイルを選択

次に、アップロードしたい動画ファイルを選択し、「開く」をクリック
選択から開く

または、動画ファイルをドラッグ&ドロップしましょう。

ドラッグ&ドロップとは、この場合では、フォルダ内の動画ファイルをマウスでクリックしたまま、ブラウザのユーチューブ画面上に移動させることをいいます。
ドラッグ&ドロップ


動画のタイトルなど基本情報を入力しよう


動画がアップロードされている間に、動画のタイトルや、カテゴリなどを設定しておきましょう。
アップロード

アップロード


投稿の際に最低限やるべき設定は・・・・


公開した動画を見つけてもらうためには文字情報の入力は必須です。この文字情報はユーチューブは勿論ですが Google でも検索の対象になリますので非常に重要な項目です。

特に「タイトル」は見た人が思わずクリックしてしまうような興味をそそる「タイトル」を考えるように心がけて下さい。

アップロード処理にかかる時間は動画の長さや画質によって決まります。動画時間が短ければ数分で、長ければ1時間以上かかる場合もあるので、投稿をする際は時間に余裕を持つようにしましょう。
アップロード処理

「基本情報」の編集が完了し、画面上部に「処理が完了しました」と表示されれば、いよいよユーチューブへの投稿が可能です。
この時忘れてはいけないのがまだ「非公開」の設定のままになっていることです。

「完了」ボタンをクリックする前に今一度全ての項目の見直しを行いましょう。サムネイルの選択もやりましたか。
では「完了」ボタンをクリックして「投稿」して下さい。
アップロード完了


無事投稿できていますか。この時点で「あっ、ここ書き足りなかったなあ」と思ったら、少し下の方に「動画の編集」と書かれたボタンがあるので、それをクリックすれば前の画面に戻って編集などができますので安心して下さい。
動画の編集

編集が終われば「変更を保存」ボタンを押すのを忘れないように。そしてその上にある「動画再生ページに戻ります」ボタンで再生ページに戻って確認をするようにしてください。

それでは、ユーチューブに投稿・・・頑張りましょう。



関連記事