Gmailのカテゴリ記事一覧

パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

カテゴリ:Gmail

Gmailのカテゴリ記事一覧。パソコンでどんなことができるの?シニアのパソコンとインターネットはシニアがパソコンで楽しく遊ぶコツを幅広く紹介しています。メールにインターネット、人気の出てきたGmailなどを始めてみませんか。

2017-01-16 Gmail
Gmailの使い方として、受信した Gmail をそのまま返信すると、相手からのメール文が下の方に残ったまま相手に送信されてしまいます。相手の方が気にしない方ですと良いですが、そうでなくても自分の送ったメールが引っ付いて戻ってくるというのも余り嬉しくは無いですね。「返信」をクリックして返信用文章を打ち込むフォームの左下に「・・・」というボタンがあります。そこにカーソルをあてると「短縮されたコンテンツを表示する...

記事を読む

2017-01-15 Gmail
Gmailに他のメールソフトに登録している連絡先を取り込むことが可能で、逆に連絡先を書きだすこともできます。今までメインで使用していたメールソフトに登録しているメールアドレスをGmailに一つづつ登録していくのは面倒ですよね。そのときはインポート・エクスポート機能を使えば簡単に登録できて便利です。「Liveメール 2012」 アドレス帳をエクスポート「Windows Liveメール」を起動します。「Windows Liveメール」が起動した...

記事を読む

2017-01-14 Gmail
Gmail以外のメールアカウントを、Gmailで同様に扱うことができます。他のパソコンで使っていたプロバイダメールなどをGmailに集約して使いやすくしてみましょう。Gmailだけではなく、プロバイダメールもGmailに集約しよう「設定ボタン」から「設定」へメール画面右端の歯車ボタンをクリックして設定に入ります。「アカウントとインポート」設定画面に入ったら「アカウントとインポート」タブをクリック「メールアカウントを追加す...

記事を読む

2017-01-13 Gmail
Gmail(Gメール) では書きかけのメールを一時的に保存したり、作成した文書などを下書きとして保存しておくことが可能です。Gmail では、数分ごとに自動で保存されるため、作成中のメッセージを失う心配はありません。[新規メール作成画面を表示]Gmail 画面左側にある[メールを作成]ボタンをクリックして[新規メール作成画面]を表示します。新規でメールを作成する時にはどのアドレスでメールを送るのかを指定しなければデフ...

記事を読む

2017-01-08 Gmail
Gmailのメール作成画面は小さいですよね。まあ、文字だけのメールだったらこれで十分かも知れませんがこんな感じです。もう少し大きくしたいなら・・・・・下の画面の赤枠部分をクリックしてみましょう。はい、ここまで大きくなりました。まだこれでも小さいですか(^_^;)だったらシフトキーを押しながらここをクリックしましょう。実際の画面ではもっと大きいです。メール画面だけではなかなか比較対象できませんね(^_^;)では最後...

記事を読む

2017-01-01 Gmail
今年もGmailやインターネットであけましておめでとうございます!今年も皆さんとのつながりが持てるよう頑張ってサポートします!良い酉年になればいいのにな~(^^)/...

記事を読む

2016-12-02 Gmail
Windows Liveメールからの切り替えは・・・・でも書きましたようにここんところメールはGmailを使っているのですが、Gmailも慣れればさほど何てことないですね。上のページでも書きましたが「問題があるとすれば、送信済みメールの再利用に手間がかかることかなあ」という問題も「習うより慣れろ」と言われている通りですわ。宛先に敬称を入れるのも簡単だし、殆ど使ったことはありませんが「送信取り消し機能」何ていうのがあって...

記事を読む

2016-10-25 Gmail
Windows Liveメールからの切り替えは・・・・Gmailだなあ来年の1月でマイクロソフトが、Liveメールを含むエッセンシャル内のソフトをサポートしなくなった、という事はここでも書きましたし、ネットでも話題になっているのでもうご存知だとは思いますが・・・・で、先日からあれこれと使っているのですが、アウトルック2013は突然「プロファイルが読め込めない」というエラーが出てしまって立ち上がらなくなりました。ネットであれ...

記事を読む

No Image

2016-09-16 Gmail
Windows Essentials 2012」のサポート終了マイクロソフトが来年の(2017年)1月10日をもって「Windows Essentials 2012」のサポート終了を発表しました。特に「Windows Live メール」ユーザーは早急に対応を考えないといけませんね。こうなることは薄々感じておりましたが・・・・だって「Office」が2010→2013→2016とバージョンアップしているのに「Windows Essentials」は2012で止まったままだったからねえ。何れはこうなるんじゃ...

記事を読む

2015-04-23 Gmail
パソコンを使ってインターネットでのメールの送受信はテキスト形式が安全ですよ《HTML形式のメールとは》Windowsパソコンを使っている方のほとんどが利用している、と思われるメールソフトの 「Windows Liveメール」では初期設定(デフォルト)だと、「HTML形式のメール」で送受信する設定になっています。「HTML 形式のメール」とは、文字に色を付けたり、装飾したり、また画像の貼り付け、など豊かな表現ができるメールなので使っ...

記事を読む

受信したGmailをそのまま返信すると、相手からのメールが残ったまま送信されてしまいます

  •  投稿日:2017-01-16
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailの使い方として、受信した Gmail をそのまま返信すると、相手からのメール文が下の方に残ったまま相手に送信されてしまいます。



Gmail-inyou-1.png


相手の方が気にしない方ですと良いですが、そうでなくても自分の送ったメールが引っ付いて戻ってくるというのも余り嬉しくは無いですね。


「返信」をクリックして返信用文章を打ち込むフォームの左下に「・・・」というボタンがあります。

Gmail-inyou-2.png

Gmail-inyou-3.png


そこにカーソルをあてると「短縮されたコンテンツを表示する」と説明がでます。
その部分をクリックすると相手メールの引用文がでるので、それを選択して削除してから本文を書くようにしましょう。

Gmail-inyou-4.png

選択した相手メールの引用文を削除します。


Gmail-inyou-5.png

これでメール作成に入って下さい。

Gmailの使い方 今まで使っていたメールソフトの連絡先をインポート&エクスポート

  •  投稿日:2017-01-15
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailに他のメールソフトに登録している連絡先を取り込むことが可能で、逆に連絡先を書きだすこともできます。



今までメインで使用していたメールソフトに登録しているメールアドレスをGmailに一つづつ登録していくのは面倒ですよね。
そのときはインポート・エクスポート機能を使えば簡単に登録できて便利です。

「Liveメール 2012」 アドレス帳をエクスポート

「Windows Liveメール」を起動します。
「Windows Liveメール」が起動したら、「ホーム」タブをクリックし、画面左下の「アドレス帳」をクリックします。
Gmail-add-1.png

「アドレス帳」画面が表示されるので、「エクスポート」をクリックして、「カンマ区切り (.CSV)」を選択します。
Gmail-add-3.png

ここでは、デスクトップにアドレス帳を保存します。
「名前を付けて保存」画面が表示されるので、画面左側の「デスクトップ」をクリックします。
「ファイル名」欄に任意の名前を入力し、「保存」ボタンをクリックします。
Gmail-add-4.png

Gmail-add-5.png

Gmail-add-7.png

「エクスポート先のファイル名」欄に任意の保存先が表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
Gmail-add-8.png

エクスポートするフィールドを選択してください」と表示されるので、エクスポートしたい項目にチェックをつけ、「完了」ボタンをクリックします。ここではすべてのフィールドにチェックを入れたほうが良いと思います。
Gmail-add-9.png

「エクスポート中」と表示されます。早くて一瞬で終わり見えないかも知れません。
Gmail-add-10.gif

「エクスポート」が終われば第一段階の操作は完了です。
Gmail-add-11.png


Google コンタクトに CSV ファイルを読み込む

先程取り込んだWindows Liveメールアドレス帳からエクスポートした.CSV ファイルをGmailにインポートします。
「Gmail」を立ち上げます。
Gmail-add-12.png

「連絡先」を起動します。
Gmail-add-13.png

CSV ファイルを読み込む前に、旧バージョンの 「Google コンタクト」に移動します。
下のリンクをクリックしてください。
https://www.google.com/contacts/u/0/?cplus=0#contacts

旧バージョンに変わりました。
Gmail-add-14.png

画面の左上にある「その他」 次へ「インポート」 をクリックします。
Gmail-add-15.png

「ファイルを選択」 をクリックします。
Gmail-add-16.png

「デスクトップ」に置いてある「CSV ファイル」を選択し、ファイル名のところに入力できたのを確認したら、開くをクリックします。
Gmail-add-17.png

「ファイル名」選択のところに先程の「CSVファイル」が書き込まれているのを確認したら「インポート」 をクリックします。
Gmail-add-18.png

今まで使っていたインターネットプロバイダのメールをGmailに取り込んで送受信する方法

  •  投稿日:2017-01-14
  •  カテゴリ:Gmail

Gmail以外のメールアカウントを、Gmailで同様に扱うことができます。他のパソコンで使っていたプロバイダメールなどをGmailに集約して使いやすくしてみましょう。



Gmailだけではなく、プロバイダメールもGmailに集約しよう


「設定ボタン」から「設定」へ
メール画面右端の歯車ボタンをクリックして設定に入ります。
Gmail-1.png

「アカウントとインポート」
設定画面に入ったら「アカウントとインポート」タブをクリック
Gmail-2.png

「メールアカウントを追加する」
他のアカウントでメールを確認と書かれているグループの「メールアカウントを追加する」をクリック
Gmail-3.png

メールアドレスを入力
間違わないためには、手で入力せず、コピーして貼り付けましょう。
Gmail-4.png

メールアカウントの追加
「他のアカウントからメールを読み込む」にチェックを入れ「次へ」ボタンへ。
Gmail-5.png

メール設定を入力する
入力するところはできるだけ手で入力せず、コピーして貼り付けましょう。
「アカウントの追加」をクリックした時にエラーが出た場合は、ユーザー名、パスワード、POPサーバー名、ポート番号などが間違っていないか確認してください。
Gmail-6.png

受信設定完了画面
前項で受信の設定は終わりです(エラーが出なければ・・・・)。
続いて送信の設定に入ります。
「はい」が選択されているのを確認して「次へ」
Gmail-7.png

差出人名
この名前が送信する時の差出人名となります。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れる。
「次のステップ」へ
Gmail-8.png

送信設定の入力
サーバー名やユーザー名が間違ってないか確認のこと。
パスワードは手動入力なので特に気をつける。
「アカウントの追加」をクリックした時にエラーが出た場合は、SMTPサーバー名、ユーザー名、パスワード、ポート番号などが間違っていないか確認してください。またSSLで駄目だったらTLSに変更するなどやってみて下さい。
Gmail-9.png

確認コードの送信
既にPOP3での受信は完了しているのでGmailに確認のメールが届きます。すぐに届く筈ですが、設定直後で若干時間がかかることがあるので暫く待ってみましょう。
Gmail-10.png

メールの確認
Gメールの場合だと設定しているメールアドレス(左側の下の方)をクリックすると
「Gmailチーム」からメールが来ているのでそれを開きます。
Gmail-11.png

確認コードを選択してコピー
「Gmailチーム」からの確認コードを選択してコピーします。
Gmail-12.png

確認コードを貼り付ける
コピーした確認コードを空白の場所に貼り付け、確認ボタンを押します。

一応設定はこれで終了ですがこのあとは確認に入ります。
Gmail-13.png

「名前」欄にメールアドレスがあるのを確認
メインで使用するメールアドレスを「デフォルトに設定」しておくと、メールごとのFromを変更しないかぎり、そのアドレスから送信されるので便利です。
Gmail-14.png

「他のアカウントでメールを確認」
「他のアカウントでメールを確認」欄でもメールアドレスがあるのを確認
Gmail-15.png

返信モードの確認
「デフォルトの返信モードを選択」で「メールを受信したアドレスから返信する」にチェックを入れる。
返信は受け取ったアドレス各々から送信したほうがいろいろと便利なので、こちらに変更しておきます。
Gmail-16.png

以上で設定は終了です。

Gmail(Gメール)を使っていてメールを書くのを中断するには・・・・下書き

  •  投稿日:2017-01-13
  •  カテゴリ:Gmail

Gmail(Gメール) では書きかけのメールを一時的に保存したり、作成した文書などを下書きとして保存しておくことが可能です。Gmail では、数分ごとに自動で保存されるため、作成中のメッセージを失う心配はありません。




[新規メール作成画面を表示]
Gmail 画面左側にある[メールを作成]ボタンをクリックして[新規メール作成画面]を表示します。

下書き-1


新規でメールを作成する時にはどのアドレスでメールを送るのかを指定しなければデフォルトのアドレスで作成されてしまいます。
返信の場合は届いたメールで返信されます。(変更も可能)

下書き-2


[自動的に下書きに保存]
From(自分のメールアドレス)、 To(宛先)、件名、本文など各項目に入力後もしくは入力途中に、自動的に下書きに保存されます。

下書き-3


[下書きに保存完了]
サイドバー「下書き」に保存が完了されました。
ここで一旦終了しても再開した時に下書きのメールをクリックすることで再編集することが可能です。

下書き-4


[下書きの削除]
メールの送信が終わると下書きは自動的に削除されますが、書きかけ途中のメールが不要になった時には、下書きにチェックを入れると「下書きを破棄」という項目が現れてくるのでその「下書きを破棄」をクリックすると下書きが削除されます。

下書き-5

Gmail メール作成画面のサイズ変更

  •  投稿日:2017-01-08
  •  カテゴリ:Gmail

Gmailのメール作成画面は小さいですよね。まあ、文字だけのメールだったらこれで十分かも知れませんがこんな感じです。


Gmail画面


もう少し大きくしたいなら・・・・・下の画面の赤枠部分をクリックしてみましょう。
Gmail画面


はい、ここまで大きくなりました。
Gmail画面


まだこれでも小さいですか(^_^;)
だったらシフトキーを押しながらここをクリックしましょう。
Gmail画面


実際の画面ではもっと大きいです。メール画面だけではなかなか比較対象できませんね(^_^;)
Gmail画面


では最後に全画面表示にしてみましょう。赤枠部分をクリックします。
Gmail画面


これで全画面表示になりました。24インチのCRTなら無茶苦茶でっかい画面です。15インチのノートPCでも十分過ぎるほど大きい画面になっています。
Gmail画面


元のサイズに戻す時は、赤枠の部分をクリックして下さい。
Gmail画面


このように小さく収まりました。使う用途によってかなりサイズを変えられますので使い分けて使用するといいですね。
Gmail画面



 カテゴリ

【謹賀新年】今年もGmailやインターネットであけましておめでとう!

  •  投稿日:2017-01-01
  •  カテゴリ:Gmail

今年もGmailインターネットであけましておめでとうございます!

今年も皆さんとのつながりが持てるよう頑張ってサポートします!

良い酉年になればいいのにな~(^^)/



今年もGmailやインターネットであけましておめでとうございます!
 カテゴリ

Gmail にもかなり慣れてきた!

  •  投稿日:2016-12-02
  •  カテゴリ:Gmail

Windows Liveメールからの切り替えは・・・・でも書きましたようにここんところメールはGmailを使っているのですが、Gmailも慣れればさほど何てことないですね。




上のページでも書きましたが「問題があるとすれば、送信済みメールの再利用に手間がかかることかなあ」という問題も「習うより慣れろ」と言われている通りですわ。


宛先に敬称を入れるのも簡単だし、殆ど使ったことはありませんが「送信取り消し機能」何ていうのがあって、送信ボタンを押してから一定の時間までだと送信キャンセルが出来るんです。


案外添付ファイルを付け忘れた、って送信直後に気がつく場合が多いのでこのような場面で役に立ちそうな気がします。
またスマホを持っている人はスマホでGメールが見れるので、どこからでも送信や返信が出来る分、特に便利が良くなったのではないでしょうか。


Windows Liveメールのサポートが終わるのも目前に来ているので、我々シニア世代には厳しいですが、何らかの対策を考えましょうね。



シニアが撮った今日の写真!



「旧小寺家厩舎」
旧小寺家厩舎


「水たまり」
水たまりに写った旧小寺家厩舎


 カテゴリ
 タグ

Windows Liveメールからの切り替えは・・・・Gmailだなあ

  •  投稿日:2016-10-25
  •  カテゴリ:Gmail

Windows Liveメールからの切り替えは・・・・Gmailだなあ



来年の1月でマイクロソフトが、Liveメールを含むエッセンシャル内のソフトをサポートしなくなった、という事はここでも書きましたし、ネットでも話題になっているのでもうご存知だとは思いますが・・・・

で、先日からあれこれと使っているのですが、アウトルック2013は突然「プロファイルが読め込めない」というエラーが出てしまって立ち上がらなくなりました。

ネットであれこれと調べてみると、修復中に「オフィスが消えてしまった」などの書き込みがあったりしたので怖くて使うのを止めました。まあ、多くの人が使っているので自分の環境だけの問題だとは思うのですが・・・。

今は Gmail を使ってますが比較的快調です。問題があるとすれば、送信済みメールの再利用に手間がかかることかなあ。

結構使うことが多いので何とかしてくれれば最有力なんだがなあ。

シニアが撮った今日の写真!カシワバアジサイとモミジバフウの紅葉



カシワバアジサイの紅葉
カシワバアジサイ

モミジバフウはちょっとまだ早いか・・・・
モミジバフウ



 カテゴリ
 タグ

Windows Live メールが使えなくなる!!

  •  投稿日:2016-09-16
  •  カテゴリ:Gmail

Windows Essentials 2012」のサポート終了



マイクロソフトが来年の(2017年)1月10日をもって「Windows Essentials 2012」のサポート終了を発表しました。
特に「Windows Live メール」ユーザーは早急に対応を考えないといけませんね。


こうなることは薄々感じておりましたが・・・・
だって「Office」が2010→2013→2016とバージョンアップしているのに「Windows Essentials」は2012で止まったままだったからねえ。何れはこうなるんじゃないかと思ってたんです。


で問題は、サポート終了後はマイクロソフトがセキュリティ更新プログラムの提供をしないため、セキュリティのリスクが高くなるって事やね。


特にメールソフトで「Windows Live メール」を使っている多くのユーザーは、「来年の事やんか」などと思わずに早急に対応を考えましょう。


勿論サポートが終了しても使えないわけではありませんが、セキュリティ面のリスクを考えると別のソフトにするべきだと思います。


では、「Windows Live メール」に代わってどんなメールソフトがあるのでしょうか。


マイクロソフトが推奨するのは、Windows 8.1 以降に標準搭載されているストアアプリ版の「メールアプリ」ですが、Windows 7 では使えませんし、その他でも余り評判が良くありません。


他のマイクロソフト製品では「Outlook」がありますが個人レベルで使うには大層ですし、従来から文字化けの問題なども抱えていますしねえ。


思い切ってフリーソフトの「Thunderbird」あたりはどうでしょうか。使いやすく結構人気がありますから一番のお薦めソフトだと思いますが・・。

 カテゴリ

パソコンを使ってインターネットでのメールの送受信はテキスト形式が安全ですよ

  •  投稿日:2015-04-23
  •  カテゴリ:Gmail

パソコンを使ってインターネットでのメールの送受信はテキスト形式が安全ですよ



《HTML形式のメールとは》
Windowsパソコンを使っている方のほとんどが利用している、と思われるメールソフトの 「Windows Liveメール」では初期設定(デフォルト)だと、「HTML形式のメール」で送受信する設定になっています。

htmlメール


「HTML 形式のメール」とは、文字に色を付けたり、装飾したり、また画像の貼り付け、など豊かな表現ができるメールなので使って楽しく、見栄えも良いといった利点がありますが、開いただけでウィルスに感染させられたり、興味のありそうな画像にリンクを貼って怪しいサイトへ誘導しやすくすることが出来てしまうという危険性をも持ち合わせています。


受けとる側によっては、マナー違反と判断し読まずに削除してしまう事もあるようです。
承諾を得ている場合を除き、重要なメールや初めての相手に送る際には、テキスト形式で送信することをお勧めします。



《テキスト形式のメールとは》
対して「テキスト形式のメール」とは文字通り、テキスト(文字)のみで構成されたシンプルなメールで、文字だけで要件を相手に伝える方法です。

textメール


メールの本文中に図や画像などを挿入したりすることはできませんが、添付ファイルとして送ることは可能です。



文字だけで要件が済むのなら、テキストメールのみの送受信に設定すべきです。

《送受信をテキスト形式に変更》
1.「Liveメールボタン」をクリック
2.「オプション」までマウスポインタを持っていく
3.サブメニューの「メール」をクリック

メールオプションが表示される


メールオプション

4.「読み取り」タブをクリック
5.「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを入れる

読み取り

6.「送信」タブをクリック
7.下の「送信」のところで、「受信したメッセージと同じ形式 で返信する」のチェックを外します
8.「メール送信の形式」で「テキスト形式」にチェックを入れる

テキスト形式

9.最後に必ず「OK」ボタンを押すのを忘れないこと


OKボタン

またごく少数ですが、「テキスト形式メール」しか受信できないメーラー(メールソフト)を使っている方もいるので、送信相手がどのようなメールソフトを使っているのか知っておくのも重要です。


初めてメールを送る相手には「テキスト形式のメール」で送るなどの気配りも必要ですね。


シニアが撮った「亀の集団」の写真


「亀の上陸作戦」
池の亀が甲羅干しのため一斉に上陸作戦を決行しています。

上陸作戦
Copyright © シニアのパソコンとインターネット All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます